スーパーサラリーウーマンの行く末

約15年前。

ある食事会で、女性の先輩社会人とお話する機会がありました。

 

お綺麗な方ですが、

ザッ、『デキる女』感むんむん

スーパーマン

社会人になりたての小娘だった私は、タジタジ。

 

分かりやすいイメージだと、

「私、バッキバキ時代の勝間和代ですが、何か?」

という感じ。

 

別に、勝間氏を揶揄している訳ではなく、

(むしろ最近の合理的な家事の仕方など学ぶ部分は沢山あるため、

どちらかと言うとファンなのですが・・)

とにかく、ギンギンに尖った女性だったのです。

 

英語もペラペラ。

学歴も申し分なし。

 

端々に、「私デキルんです。メディアにも取りざたされていますし。」という、

違うのよ。その辺の人とは。

的な威圧感たっぷり。

『その辺の人』の私は、なるほど~とか、凄いですね~とかで合わせるしかない。

 

今は『働く女性』には様々なバリエーションが出てきて、

パラレルキャリアだったり、

無理せず、ゆるめに働くことや、

週の数日は在宅のチョイスが、

どれも最善の道で、選択した方のポリシーや『人生で優先すべき事項』が色濃く象徴されるような時代になってきました。

 

2000年代初期~中期は、まだその風潮はなく、

男性と同じ、それ以上にやっていきますが、何か?

 

という方が多い、

いや、絶対数は多くはないと思いますが、

分かりやすくモデルケースとして取りざたされていたような気がします。

 

その方、

数年後にお子さんが生まれたのですが、

ご主人とは籍を入れていないとのこと。

 

理由は、

保育園に入り易いから

超激戦区にお住みのようで、シングルマザーもどきでやっと入れたと聞きました。

 

この辺りも、徐々に少なくなってきた『都市伝説』のような本当か嘘か分からない話。

00年代はよく耳にしたような気がします。

 

2010年頃から、管理職になられ、

そこそこ大きな企業の『女性初役員』を目指せる位置にいると聞きました。

 

さすがですね~。

住む世界が違うわ~。

と勝手に思っていました。

 

最近、偶然にもその方の下で働いていた人とお話しました。

 

さて、その女性、今はどうしているか。

長期療養に入っているようです

 

どうやら、部下とも全く上手くいってなかったとのこと。

部下のオイシイ仕事はすべからく自分の手柄にしたようです。

 

そして、実は、目立つことばかり考えていたので、

小さな仕事にもポカが多い。

『デキる人』とは程遠い仕事ぶりだったみたいです。

アレレな部分が上層部にもバレてしまい、

就くはずだった部長職にも、その女性より少し後輩の方が配属されました。

 

そうなると、八方塞がり。

上にも行けない。

下には信頼されていない。

お客さんも離れる。

どうしましょ。

となったと聞きました。

 

「キツイ言い方で申し訳ないですが、

勉強すべき時に、

自分のバックグラウンドや『女性』だからという、

理由で選ばれるハズと勘違いしていたのではないでしょうか。」

 

その方の部下がお話していたことが、リアルでちょっと怖かったです。

 

時代は思ったよりも激変しています。

声の強い人や仕事に人生を注いでいるようなモーレツサラリーマンの時代ではなくなってきました。

 

私の周りでも、

モーレツ系で体調を崩された人が数人おられます。

なぜか、その多くが40-50代です。

 

大きな特徴として、過去に、その分野や時代を一世風靡していて、『注目株だった人』である場合が多いです。

 

現在、企業の上層部に就いている方々も、

1つ間違えればそうなっていたかもしれません。

人事は、水物です。

上が変われば、評価がガラッと変わることもあります。

 

一番速いランナーが勝つとは限らない

求められるランナー、サラリーマン像も変わってきているような気がします。

 

モーレツ社員で残業ガンガンよりも、

いかに効率的に、皆と協力し合い、

快適に働くか・・

 

例えば、15年ほど前では、企業のパンフレットに特集されるのは、男女ともにバリバリ系でした。

しかし、最近は、一定の『ゆるさ』や『多様性の容認』がその企業のPRになっています。

 

さぁ、新時代。

模索しつつ、前に進みましょうか。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。クリックが本当に更新の励みとなっております。

【おすすめランキング】
ハイレベルなシンプルライフブログガーさんばかりです
シンプルライフ ブログランキング
おススメブロガーさんが集まるサイトです
ワーキングマザー育児 ブログランキング

【共働きに効く?楽天ルーム(秋バージョン)】
ぽにの楽天ルーム

【コメント欄について】

申し訳ございませんが、現在、妊娠中でコメント対応をお休みしております。よろしければ、Twitterにお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在3歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!