【①お金について真剣に取り組む】我が家のお金に対する歴史・・みたいなお話

結婚式を1ヵ月後に控えた2009年11月。

自分の貯金通帳をみて、震えていました。

まずい、結婚資金、足りない・・

共働き 貯金

私は、自他ともに認める浪費家です

いや、『でした』と言った方が良いか。

 

独身時代は、結構使いました。とりあえず、3連休があったらほぼ全て国内もしくは海外旅行に行っていました。

飲み会もほとんど断ったことはなく、まーー使う使う。

運よく、1歳年上の夫と結婚が決まった時も、コダワリの式場を選びました。

 

結婚式諸々は、折半でと話し合っていた我々でしたが、雪だるまのように増える式場代やお車代。

関西と関東出身の結婚は、どちらかの親族や友人のホテルも予約することになる。

破産だ・・

と思っていた時、

 

夫の実家が、「関西に行ってしまい、何にもしてあげられない、三男の結婚資金は出させて」と言ってくれました。

もう、私は義父・義母には足をむけて眠れません。

 

で、そんな時、バレてしまったのですよ。

私の貯金額が、夫に

彼は、本当にびっくりしていました。

「一体何に使うの?信じられない。」

結婚で生涯の伴侶を得ると同時に、

将来の信用を無くすという経験をしました。

 

それ以来、よし、ちゃんとしてみよう!

まずは、家計簿だ!と一念発起。

1か月に1回つけることに。

意外や意外。2年続けました。

なるだけ簡易を心がけ、

  • 光熱費
  • 家賃
  • 車の維持費
  • その他は殆どカード

通帳記入とカードの明細を見れば殆どが把握できるようにしました。

 

当時、夫とめちゃくちゃもめたことがあります。

お小遣いについて

夫は、多くて2万と言っていました。

私は、少なくても5万欲しいと言いました。

 

今思うと、月5万以上何に使うねん!

と突っ込みたくなりますが、浪費家だった私は何てケチな夫だ!と思い、義実家に結婚資金を頂いたことも棚に上げ(鬼嫁か!)、ブーブー文句を言っていました。

5万は蹴散らされ、2万5千円になりました。

 

さて、ざっくりですが家計簿をつけることで、自分のお金を使う傾向が分かってきました。

  • レジャー費
  • 飲み会費
  • 上記に行くまでの交通費

そして、意外にも使わないのが、

  • 服飾費
  • おうちでの食費
  • 家賃(当時は社宅だったので)

でした。

ほほーーということは、私はもっと飲み会を厳選し、

友人とあっちゃこっちゃ旅行するのも辞めたらたまるかな・・

と考え、1年くらいかけて付き合いを減らしていきました。

結婚したこともあり、周りも「そりゃ、そうだよね。」と徐々にお誘いもなくなりました。

 

夫は何に対しても、使うことはなく、ケチお金を使うことに興味がないタイプ。

そんなこんなで、結婚してしばらく経つと、ちょっとずつ、溜まってきました。

 

一方で、我々夫婦は『お金』に知識が全くありませんでした。

とりあえず、お金があったら、銀行に貯金しよ。

これが私達の最良の選択で、何の迷いもありませんでした。

 

そう、先輩のあの一言を聞くまでは。

 

さて、次回は私達夫婦がお金について少し我慢して勉強し、動くことで、考え方も生活も変わったというお話をしたいと思います。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。続きを・・と思う稀有な方がおられましたら、クリック下さいますと幸いです。。

【おすすめランキング】
ハイレベルなシンプルライフブログガーさんばかりです
シンプルライフ ブログランキング
おススメブロガーさんが集まるサイトです
ワーキングマザー育児 ブログランキング

このブログが1冊の本に(2018年3月発売)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在3歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!