主人には『かし』を作っておく

スポンサーリンク

10数年前に出会った主人。

少年な心を持っています。

夢の1つは『世界一周』。

少しでも旅行に行けないとウズウズするようです。

子供が生まれるまでの数年は、国内外2人でいろんな所に弾丸ツアーに行きました。

早朝車で山口の萩まで行き、夜は博多でもつ鍋を食べて、夜中に関西に帰るというハードな旅も数々。

夫婦で『水曜どうでしょう』の真似をして、サイコロの旅に出掛けたこともありました。

 

そんな彼が生まれて初めて戸惑っています。

そう、

子供が生まれ、自分時間を自由に使えない。

妻である私も働いていており、家事を分担しなくてはならない。

 

男3人兄弟、三世帯同居の家族で育ち、家事は全て母と祖母がしてくれていた彼の育った環境。

家事能力が低いというよりも、

家事意欲が極めて低い。

いろいろしてくれますが、楽しくはないんだろうな・・と妻として感じます。

 

お互い、モヤモヤ。

でも毎日はやってきて、一緒に洗濯物を畳んだり、食器を片付けたり。

絶対的に私の方が作業量も多いのは分かっていますが、適性を考えると0だった持ち点に加算している彼の方がしんどそう。

・・くすぶっているのが分かります。

そろそろガス抜きをさせなくては。

そんなある日。

主人が2日休日出勤し、振替休日が溜まっているのが分かりました。

これは、利用してスッキリさせなくては。

 

私「土日に合わせて振替休日を取得して、4日間で旅行に行って来ていいよ。」

主人「え!!本当に?」

私「うん。いいよ。どこかで羽伸ばしておいで。そのかわり、行くまでと帰ってきたらまた色々よろしく。」

パァーーーッ

顔が嬉しさでほころぶ主人。

 

翌日。

主人「じゃあお言葉に甘えて、メコン川に釣りに行ってくるよ。」

私「はい?」

主人「だから、メコン川。」

私「日本にそんな川はない。」

主人「うん。ラオスとかタイを流れるメコン川。」

私「あっ、あのメコン川ねーっておい!国内じゃないの?」

主人「メコン大ナマズが釣れるらしいよ~」

って、聞いてない!

 

ちゃっかり往復航空券も取得、準備万端。

 

という訳で、現在、タイに旅行に行っております。

勘の良い方は気が付いていると思いますが、今回の写真はメコン川でございます。

 

現地から、LINEが入ってきました。

主人「釣れてるよ~超楽しい!」

私「・・・既読スルー」

主人「でも、キャッチ&リリースなんだよね~」

 

1人で1歳児と3歳児のお世話はなかなか大変。

食事、お風呂、寝かしつけ、単独での対応は厳しいところがあります。

小さい子供がおられご主人の帰宅が遅い、専業主婦やワーキングマザーの方は本当に大変だと痛感。

 

主人「ヒット中~」

とテンション高いLINE。

主人「本当にありがとう!君のおかげだよ。帰ったら頑張るからね~」

 

10年前に、主人をキャッチ&リリースすべきだったか・・と思ってしまったこの数日。

 

・・大きな『かし』を作ったので、帰ってきたら気持ちよく頑張ってくれることを期待します。

 

 

最後まで読んで下さりありがとうございます。ランキングに参加しております。クリック下さいますと幸いです。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

 

【トラコミュ】


海外旅行・海外出張総合


旅行


ワーキングマザー

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在2歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!