4人暮らしのクローゼット公開、約50平米マンションでも『快適』を目指して。我が家の道のり

スポンサーリンク

約50平米マンションで4人で暮らす我が家。
1歳3歳の子供とバタバタの毎日なので、ちょっと気を抜くとモノがそこいらに散らかります。

夫は、片付けのできない人。

ほっておくと、子供と夫のモノで、足の踏み場もなくなります。

私自身も『ザッ できない女』。
・・簡単にカオス化します。

1年前にこのブログを真剣に取り組み始め、少しずつ、少しずつ我が家のクローゼットも進化しました。

以前、アップした記事は、リビングのクローゼット。

【ともばたけ  くらし】

約50平米マンション、4人暮らし、クローゼット事情 -数か月間の苦戦を公開ー

 

本日は、唯一の独立部屋のクローゼットを紹介します。
寝室であり、絵本を楽しむ部屋であり、いわゆる『フリールーム』。
5.5畳のお部屋の収納でございます。

4人分の洋服を収納したクローゼット

やはり、ここまでの道のりは長かったです・・

なぜ長い?原因の一つは、モノの多さ。

夫は多趣味で基本コレクター癖がございます。
サッカー用品、
釣り道具、
漫画を描くためのグッズ、
大量の写真・・

彼のいろんなモノが所狭しと収納されていました。

その片隅で、私も何となく置いているモノが多数ございました。

えーーい!
結果からいきましょう。

現在のクローゼットです。

closet-4people-1ldk

だいぶスッキリしました。

以前と比べると格段に使いやすくなりました。

過去の写真は、皆さまの目に毒なのと、単純に怖くて載せられません。

違う角度からもう一枚。

closet-4people-1ldk

もちろん、改善の余地ありです。

視覚的に統一感を持たせることとか・・

でも、どこに何があるか、家族で共有しております。
それは大きい収穫。

ここまでの道のり、何が功を奏したか。
ご説明します。

クリーニング店の長期保管をフル活用する

以前まではネットクリーニングをお願いしていました。
クリーニングも含めて、だいたい1枚2000円くらいでしょうか。

コートを数着お願いし、指定の日付に来て頂く。

満足はしていましたが、もっと安くならないかな?
と試行錯誤。

ございました。
地元密着型のクリーニング店が、1着150円で預かってくれます。

さっそく、夫と私のコートをお願いします。

closet

コートは夏の間、自宅に置いておくとかさばるだけ。

湿度や温度管理も、我が家より長期保管専門のクリーニング店の方が安心。
closet

セーター類も保管してもらうことに。
子供の数も含めると、17点に。

夏の今、クローゼットはスッキリ。
逆に、戻ってきた時のためにスペースにゆとりを持たせないとコワイ。モノを増やさないように努力します。

ヨドクラウド物置を積極的に利用する

以前、ブログにもアップしましたが、ヨドコウクラウド物置を利用しています。

夫の趣味のモノ、私の卒業アルバムや昔の想い出のモノ、現時点では捨てる踏ん切りがつかないモノをそちらに収納。

【ともばたけ おうち】
狭いお部屋にお助け収納、自宅から送るだけの『ヨドクラウド収納』をしてみます

約50cm四方の箱に25キロまでオッケーです。
結構入るね~
と思っていましたが、我が家、25キロなんてすぐに超えます。

昔ならではの重厚なアルバムは、結構重いです。

結局、2箱分を購入。
1ヵ月 540円 ✖ 2 =1080円

これを1年続けることにしました。

未来の自分に捨てる、捨てないを託します。
今はお金で解決。

うーん

想い出を残すのは、なかなか重いで・・なんてね。

1年以上着ていないものは譲る。捨てる。

私はもう一人子供が欲しいな・・と思っています。
そうなると、乳幼児の服や0歳児で着る服をどうしても手元に置きたい。
母が縫ってくれた、布おむつもしかり。

でも、友人や後輩に積極的に譲ることにしました。

約50平米で、あれもこれも収納しておくのは厳しいものがございます。
特に、元々片付けが得意でない私は、モノを減らして何とか把握することしかできない。

もう一人、授かった時には、周りの人にお古を譲ってもらえるようにお願い中です。

 

家に人を呼ぶ+ブログで発信する

私が収納を改善しようと、仙人のように極めようと、日経平均株価が変動するわけでもなく、為替が変わるわけでもない。
誰にも知られず、ひっそりとしたものです。

家族の利便性以外は何も変わりません。

そう、『自己満足の産物』。

別に、顕示欲が強い訳でもないですが、誰か、誰かに見てもらって、感想が欲しい。

だって、こんなに頑張ったんだもん。
前までできなかったんだもん。

ともう一人の私が叫ぶ。

ということで、友人には積極的に来てもらっています。

押し入れまで見てもらい、あーだこーだ話す時も。

子供が小さいので、外で食事をするよりも私も気が楽。
友人が来る前には、少し片付けたり、料理を張り切ったりするので、低い低い『おもてなし』の技術も磨いているところです。

一石二鳥どころか、もっとかもしれません。

そして、本ブログで皆さんに見て頂く。
お忙しい方ばかりだと察します。

皆さんのお時間を無駄にしない記事をアップできたら・・と思い、何とか改善の日々です。

いつも寄って下さり、本当に感謝申し上げます。

まとめ

クローゼット、まだまだ改善の余地はございます。

例えば、扉を外すこと。
以前、コメント欄にアドバイスを頂き、業者さんを呼んで(素人には難易度が高い)外したいなぁと常に思っています。ただ、夫より、「どこに扉を片付けるの?」と聞かれてしまい、詰まる私。

この扉、意外と頑丈で重い作り。
出っ張りもあるためなかなか収納にはナンギします。

約50平米マンション、納屋的な場所がない。
やはり、私にはもう少し空間が必要か?

でもその増えた空間を掃除できる?
そんなスキルある?

モヤモヤは消えません。

ただ、『家族がどこに何があるか分かる』という我が家にとって大切な関門は通り抜けました。たったそれだけでも、少し快適になったこの頃です。

ランキングに参加しております。下の写真にクリックして下さいますと嬉しいです。

皆さんの応援が、更新の大きな励みになっております。

シンプルライフのブロガーさん、収納は神っています
『シンプルライフ』人気ランキング

ワーキングマザーの方々、このサイトは本当におススメです
『ワーキングマザー育児』人気ランキング

スポンサーリンク

4 件のコメント

  • 収納スッキリされて、ホント凄い!➕羨ましい。。私もいつか、、、です。

    子供が産まれたら、使うかも、って思うと特に捨てられないです。が、じゃあ産まれたらホントにお古を使うのか?と思うと、さっさと捨てるのもアリかもしれないと悶々としてます。

    お盆休みに少しでも見習って、片付けます〜

    • おかっぱまま様

      コメントありがとうございます。
      嬉しいです!

      実は、私もバギーをどうしようか困ってます。大きいタイプを好んで手に入れましたが、うーん収納すると幅をとりまして・・

      生まれたらホントにお古を使うか?そうなんですよね。子供服も流行りみたいなのもありますしね。
      激しく共感。

      おかっぱままさんも、お盆休みはゆっくりできそうですか?1歳3ヶ月のお子さんと楽しい休日を過ごして下さい。
      って、言っても、休日の方が大変かもしれませんね(笑)

      ぽに

  • ぽにさんこんばんは。明日お盆休みで夫が帰って参ります。夫がいない間、いなくなりそうな間ずっとずっと本当に助けられています。励まされています。耐えられました。ぽにさんの温かいお言葉大好きです。私の家は夫が片付け担当だったので新しく私の家事に加わって本当に大変ですが、ぽにさんのブログを励みに頑張ります。

    • まあ様

      コメントありがとうございます。
      近くに住んでいたら、同じマンションだったら、絶対まあさんの手伝いをするのに・・
      とヤキモキしています。
      まあさんの娘さん、うちの子も気が合うと思います。インスタの写真、ソックリです。
      うちは男の子なのに、何か申し訳ないですが、似ております。

      お盆の間だけでも、ゆっくりして下さい。本当に、本当にゆっくりなさって下さいね。

      私こそ、いつもまあさんのコメントに支えられておりますよ。
      存在自体に感謝です。

      ぽに

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在2歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!