ワーキング妊婦よ。最多セーブ賞を狙え!!

突然ですが、私の出産する産院の先生は、メッセンジャーの黒田に似ています。
とても信頼しておりますが、話し方や間の取り方がそっくりです。 その先生にこう言われました。

先生「仕事、最多セーブ賞を狙って下さい。」

ポニ「・・はい。」

先生「ポニさん、初産から1年足らずで次のお子さんを妊娠されています。 そして前回、絶対安静になりました。 これは危険信号です。 仕事、頑張りすぎてはいけません。 セーブしてセーブして、最多セーブ賞を狙って下さい。」

ポニ「・・ゴク」

自宅に帰って、神妙な顔つきでやりとりを主人に話すと、一言。

主人「藤川球児か・・」

・・夫婦無言。

さて、お時間を割いて読んで下さり、御礼申し上げます。

私が言いたいこと。

妊婦さん、仕事、頑張り過ぎるのやめましょ!

私は1人目の時に「いける。いけるよ!」と張り切って仕事をしたせいか、 子宮頸管が危険信号を出していました。
絶対安静で合計4週間お休みをしました。

当時、休んでいること自体をすごく気にしました。 今後の評価や人事に影響するのでは・・と不安に思いました。

でも、 そんなことは子供を健康に産むことに比べたら、 どーーーーーーでも良いこと。

お腹の子を助けられるのは、妊婦さん、貴女しかいないのです!

仕事の挽回はまた後でもできます。

妊婦に何かあった時の挽回は、そういう訳にはいきません。

そして、いざ復帰すると、私が絶対安静になっていたことをネチネチ言う人なんていません。

1年前の他人の出来事なんて、取るに足らないことなのです。

さらに、サラリーマンですと時として人事編成で環境はガラリと変わります。 私の場合、この春から上司も変わり、「えーっと、お子さんいくつだっけ。」と言われるくらいリセットされています。

妊婦さん、仕事、一生懸命されていたこと。 分かります。 周りの目。 分かります。

ただ仕事には代わりいますが、お腹の子にとって母親の代わりはいません。

身体を第一に考えて、セーブしましょう。

そんなことを言っている私は、1人目と同じく、現在 自宅安静状態です。 妊娠32週。

大変申し訳ございませんが、医師の診断もございまして、大事をとってお休み頂きました。

やっぱり・・ 仕事は好きです。 本日も会社から連絡があり、在宅でできる事務仕事は致しました。 (若干ハァハァしましたが・・)

復帰したら、今まで以上に頑張ります。 周りの人へのサポート、恩返しもしたいです。

職場のみなさま。 ご負担かけますが、どうかどうか、お待ち頂けると幸いです。

愛を込めて  藤川球児として登板中のポニより

最後まで読んで下さりありがとうございます。
ランキングに参加しております。
⇩⇩⇩⇩⇩この絵にクリックして下さると幸いです。
ほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
皆さんのポチッに本当に感激しております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在3歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!