ふらっと、J1の試合を観に行き思います・・ファンになるって素敵だと。

スポンサーリンク

今の部署に転勤になった、2010年。

勤務地が完全に変わったため、知り合いも少なく、ランチを一緒に食べる人がおらず・・同期が気を利かせて、あるグループに誘ってくれました。

彼女や後輩が入り混じった4人のランチメンバーのおかげで、スルッと新境地に溶け込むことができました。

 

その中の一人に、サッカーファンの後輩がいました。

滋賀県出身の彼女。

旦那の影響か、ニワカでございますがサッカーが気になる私。

 

「ぽにさん、今、セレッソ大阪に、滋賀出身の好きな選手がいるんです。いい選手なんですよ。」

 

へぇ~そうなんだ。

 

「昨日ふらっと観に行ってきたんですよ~」

 

追っかけまでいかずとも、誰か好きな選手がいるっていいなぁ。

 

*****************

今年のお盆は、私側の祖母宅の法事に参加しました。

その時に、

「16日、サッカーを観に行くんだ。」

妹夫婦がガンバ大阪の試合を観に行くと言う。

 

旦那、俺らも行きたい!!と飛びつきます。

ということで、速攻ネットにてチケットをおさえました。

「吹田スタジアムがなかなか近くて良いと聞いたんだよ。ほら、競技場でサッカーの試合をすると、トラックがあるから観客席が遠いんだよね。」

何だかブツブツ言っていました。

 

試合当日の夕方。

我々家族は、日本代表のTシャツを着て臨みました。

ガンバと同じサムライブルーなので許してもらいましょう。

 

ちなみに、私の背番号は7番。

遠藤選手が代表時代に着けていた番号。

今は柴崎選手と、スター選手に選ばれている番号ですなぁ。

 

吹田スタジアムです。

吹田スタジアム

ドーン!!

 

特に期待はしていなかったのですが、正直、大迫力でした

いつもとは異なり、厚化粧で参加した私。えっ?なぜって?

それは、

監督が・・

宮本恒靖監督になったから!!

 

2002年のワールドカップにて、キャプテンの宮本選手がカッコイイと思っていたのですよ。

つい最近、ガンバ大阪の監督に就任されたようで。

 

・・これは、化粧をちゃんとして行かなければ(←なんで?)。

米粒くらいでしかお見受けできませんでしたが、スタイリッシュな宮本監督がみれられて嬉しかったです。

 

それにしても、敵陣のコンサドーレ札幌。

200人くらいの熱狂的ファンが来られていました。

おそらく多くの方々が札幌から大阪まで、選手たちを応援しに来ているのでしょうか。

ジーンとします。

 

こんな風に誰かの『熱狂的ファン』になること、滅多にないな。

 

ガンバのサポータもそうですが、選手のプレーに一緒に、一喜一憂するファン達の興奮に感動しました。

 

小さい子供達がいるため、試合終了の5分前にスタジアムを後に。

1-0でガンバが勝ちそう。

このままいくかな・・と思っていると、終了までいた妹夫婦からLINE。

 

『最後の最後に、1点返された。ドローでした。』

あら~勝負の世界は甘くない。

 

*****************

ランチを一緒に食べていた後輩は、数年後、結婚を機に退職しました。

お相手が、北海道赴任が決まったようで、付いていく形。

サッカーの話も、会社でしなくなりました。

 

それでも、彼女が好きだった選手、私も気になっていました。

と言っても、チラチラ~っと情報を仕入れるくらいで、ガッツリ試合を観に行ったりはしていません。

 

ただ、その選手が、2018年のワールドカップで、

格上のベルギー相手にゴールを決め、

FIFA公式による『驚きの活躍を見せた5人』に選出された時には、

さすがにグッときました。
彼女も大喜びしていたと思います。

滋賀県出身、乾貴士選手。

これからも益々のご活躍を期待しております。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

最後まで読んで下さり、本当にありがとうございます。クリックが本当に更新の励みとなっております。

【おすすめランキング】
ハイレベルなシンプルライフブログガーさんばかりです
シンプルライフ ブログランキング
おススメブロガーさんが集まるサイトです
ワーキングマザー育児 ブログランキング

このブログが1冊の本に(2018年3月発売)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在2歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!