失敗の後の後始末。人生初の『社内根回し』に走り回ってみました。

スポンサーリンク

以前、上場企業の役員の方が、こうおっしゃっていました。

 

「いやー。最近、仕事以外のコミュニティに入ったんだけど、

正直、趣味のコミュニティの運営の方が難しいよ。

営利企業はね、実は単純なの。お金が儲けられることが正解だから。

ヒットしたもの勝ち。

でもね、サークルとか趣味の集まりは正解が人によって違う。

強い団体にしたい人。

趣味に留めていたい人。

答えが多岐に渡るから、皆が長きに渡って一緒に集まることって、結構難しいんだよね。」

 

そういうものなのかな・・

サークルと会社は、違うけど、一理あるかもしれないか・・

雲

さて、前々回の続きでございます。

【ともばたけ】【仕事】

初めての社内リーダー、大抜擢だったのに、失敗したかも・・

 

学生時代の友人、なみ。

社会人になってからも、何度も一緒に旅行や遊びに行っています。

その度に、この子凄いなぁと思う事。

アフターケアが入念

彼女が企画した旅行が終わった後、全員に会計報告。

『今回、これをもっていったのは正解だったね。次回は、○○も用意した方がいいね。』という前向きな提案も。

 

ちょっとしたことですが、「あーー楽しかった。」がギューンと加速します。

 

*****************

私の初めての社内リーダー、キックオフ会議。

 

理想としていたプロジェクトの進行は、滞りなく、ゆるやかに進むはずでした。

入念に準備したプレゼンはそこそこ伝わった感はありました。

 

しかし、結果的に・・

無駄な紛糾をし、嫌な雰囲気で終わってしまいました。

 

最悪。

 

土日。

子供達と思う存分遊ぶ私。

ただ、どこかでモヤモヤが取れません。

何がダメだったのだろう。

どこか足りなかったかな・・やっぱり考えてしまう。

 

日曜の夜、久々にふと考えました。

 

なみなら、どうする?

 

アフターフォローが上手。

彼女なら、懐に飛び込んでいく。

でもそれはサークルだから?

 

いや。

やってみるか。

正解なんて、分からない。

関係者に、何だか上手く仕切れなくてすみません。でも、今後ともよろしくと1人1人話してみよう。

 

月曜日。

朝から出席者に直接会いに行き、金曜の不出来を謝ります。

改善点や忌憚ない意見をききます。

 

「まぁ、譲るところは譲る。でも、言うことは言うべきだと思うから。」

 

皆さん、意外と悪くない印象。

出張や他の勤務地の方には電話でお話。一様に悪くない感じ。

 

さらにさらに、本丸。

 

役員の方を訪問。

「ぽにくん、あれくらいガンガン言ってくれていいからね。リーダーは少し強引で、でも、譲歩もできる。という感じが良いんだよ。」

とのこと。

おや?いい感じなのか。

いやいや、調子に乗ってはいけない。

 

「今回、強引だったと反省しています。

自分でも成功させたいと張り切り過ぎて、冷静ではない面もありました。

本当に、よく分からない所ばかりです。

今後とも支えて下さい。よろしくお願いします。」

 

役員の方、

「大丈夫だよ。まかせなさい。

それより、君が攻めていたあの技術部門。

強敵だからね。上手く取り込もう。

何だかんだで我が社の肝だから。」

 

よかった。

同じこと考えていました。

どうでも良い部門に対して、さすがに提言しない。

 

「期待しているよ。じっくり進めなさい。

一つだけ忠告。

決して、焦ってはいけないよ。」

 

分かりました。

心しておきます。

 

よかった。

皆さんに話してよかった。

 

これが『根回し』っていうやつかもしれない。

 

身をもって知る。

 

しないのと、しておくのと、大違いや。

 

自分にとっても。

何なら今、次回の会議が楽しみになっている自分がいる。

 

*****************

 

学生時代に友達と話した雑談の中で、最も印象に残っていることがあります。

それは、名前の由来について。

 

他の友達の由来は・・申し訳ないですが忘れてしまいました。

 

でも、彼女だけは忘れません。

 

『なみ』の由来。

 

「えっ?

なみの由来?

あー。

うちの親、『並』で良いっていう意味で、なみって付けたって聞いたわ。」

 

本当に?

 

「うん。本当だよ。でも、私は気に入ってるよ。『並』。いいじゃん。」

 

二十歳そこらの多感な時期。

周りよりも少しでもよく見られたい。

カッコつけの私は、ガツンときました。

 

並。

いいね。

 

 

現在彼女は地元に戻り、3人の子供を産み、専業主婦をしています。

パートやPTAに忙しいと、1年に1回のお互いのおうち訪問の時に話してくれました。

 

「私は平凡だよ~。PTAもパートもフツーって感じ。構えてたけど、特に悪くないよ。」

と。

 

いやいや、貴方の素晴らしさは、並ではないからね。

その気配りが『フツー』という意外と難しい状態を維持できるんだからね。

 

やるな。なみ。

といつも思うのです。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

おかげさまで、少し元気になりました。クリック、更新の励みにします。いつもありがとうございます。

【おすすめランキング】
ハイレベルなシンプルライフブログガーさんばかりです
シンプルライフ ブログランキング
おススメブロガーさんが集まるサイトです
ワーキングマザー育児 ブログランキング

このブログが1冊の本に(2018年3月発売)

スポンサーリンク

4 件のコメント

  • ぽにさん、体調は戻られましたか?

    社内根回し、お疲れ様でした。
    みなさん分かってくれてたようでよかったですね!
    私だったらメールで済ませてしまってたかも。そして、文面の裏を読んで心復活せず、的な笑

    役員さんの言葉、焦ってはいけない、身にしみるなぁ。
    私常に焦ってます笑
    ワーママって、常に何かに追われてませんか?
    仕事間に合わない!お迎え間に合わない!もう寝かせなきゃ!
    でもママがイライラしてるよりはマシだよなぁ、と最近改めて思ってたので、仕事も子育ても焦らず着実に、肝に命じます。

    なみさん、素敵なお友達ですね!
    こちらのブログ経由で、その姿勢参考にしたいです!

    • きてぃ様

      コメントありがとうございます。
      私も以前ならば、メールにしましたが、いろいろあって直接にしてみました。
      きてぃさんがおっしゃるように、メールの文面に一喜一憂させられるので・・そうそう。余計、振り回される自分がいますよね(笑)

      そうなんです。
      焦ってはいけない。
      沁みました。
      もう、私、いつも前のめりのバタバタなので・・
      きてぃさんもそうですか?何だか嬉しいです。

      友人のなみ、そうなんです。
      大事な友人です。
      私は浪人して大学に入ったんですが、彼女たちに会えたので、寄り道して良かったとも思っています。
      なんだろ。人生、焦らずはホントの所なのかな・・

      いつもコメントありがとうございます。
      嬉しいです!!

  • ほにさん、こんばんは。
    体調どうですか?もう復活??
    頑張りすぎないでくださいね。

    そしてプロジェクトリーダー!
    えらーい!流石です。
    メールは1番良くないですよね。
    表情とか、雰囲気とか全然伝わらないし。

    会いに来てもらったという事実だけで、
    絶対次はもう少し協力的になるはずですよ!

    なみさんも素敵な方ですね。
    ぽにさんと良い関係なのがよく分かります。

    • まあ様

      コメントありがとうございます。

      おっしゃる通り!メールが良くない。というよりも、私には難しい。

      一瞬メールでいいかな・・と思いましたが、
      メールは読んだ人のテンションやタイミングによって、ムラがあるような気がしまして。

      私自信、カーっとなっている相手から来たメールをカーっとなっている時に読むと、冷静ではない解釈をしてしまいます。
      数日後、同じメールを読むと何とも思わなかったり。

      メールでのコミュニケーションって、難易度が高いですよね。
      簡単なツールだけど、実は奥が深すぎると言いますか。

      今回の方々は、私よりの上の方ばかりだったので、余計直接お会いできて良かったです。
      いや、ホントの所は分かりませんが・・私の留飲は下がりました。
      自己満です。
      でも、仕事は時に自己満の塊だったりしますもんね。
      ↑ごめんなさい。言い訳です。

      まあさんのテレワークはメールや電話でのコミュニケーションが多いと勝手に想像しております。
      そういう時はどうしているのでしょうか。
      あーん。聞きたいです。
      私は、毎日現場にいるのに、本当に下手です。
      えーーん。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在2歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!