今の30代・40代、例え大企業であっても終身雇用ヤバイ説。【共働きの社会科】

先日、共働きの友人と話していた時、

友人「うちの会社さ、明らかに50歳以上は要らない枠なんだよね。今までは年功序列で残れたんだけど、いよいよヤバくなってきてると思う。」

 

何だかとってもよく分かる。

・・私の周りでも同じような現象が起きている。

 

彼女曰く、入社した15年ほど前は、50を過ぎたオジサマ方も与えらえた職務を順番に、それこそ年の順に役職をこなしていったと。

しかし、近年、会社も1つ2つ飛ばすようになってきた。

要するに、会社の『イノベーション』的なことをする時、今までは40~50代を中心に・・と手堅く攻めていたのに、何なら20代を余裕で主力にする。

確かに、SNS文化やIT、AIに敏感なのは若い方。

 

今はどんな『技術』や『開発』、『改革』にもデジタル化が大切。

それに疎い30代~50代は、社内の経験や人脈があったとしても、スコンと飛ばされる。

 

そんな私も、ばっちり『スコン枠』・・

甘くない

朝ごはんのイチゴトースト。甘そうに見えますが、酸っぱいイチゴでした・・

 

******************

 

この4月からTwitterを閲覧するようになり、情報量が大幅に変わりました。

私自身の外見が変わった訳でもなく、ブログで発信している内容がキレッキレになった訳でも何でもないですが、やはり情報って大切だなぁと思います。

 

そして、勝手にファンになった方がおられます。

 

ちきりん氏でございます。

社会派ブロガー & 紀行文筆家で、世間を知らない私は最近まで彼女を存じ上げませんでした。

彼女のツイートが、ちょうど友人との会話にドンピシャだったので、こちらにて紹介します。

 

 

本当にごもっとも過ぎて、もう笑えてきました。

 

私、ドンピシャで、やばばっな人達です

 

とある懇親会で同年代の技術者とお話をした際にも、同じことを言ってました。

彼の職場は数年前に、海外でゴリゴリ研究していた教授レベルの方が、引き抜かれてトップに就かれたようです。

そこから、ガラリと変わったと。

 

「45歳以上の人達は、違う部門に飛ばされたり、退職した方もいます。今はリーダーは40代前半と30代後半しかいません。

そして、自分も含め、結果を出さないと、あと数年で退くのでは・・と思っています。厳しさは増しています。」

 

うーん。

でも40後半から50代って、

新卒からいた人にとっては、イロイロ回収時期

  • 子供の教育費にお金がかかり
  • 生涯で一番給料の高い時期であり
  • 今までヘコヘコ会社に奉仕して、やっとちょっと威張れる時期

プラスして、共働きの女性は子供が完全に自分のことをできるようになって、さぁ仕事にウエイトを持って行くぜという頃。

それなのに辞めるとか、

 

ちょっと・・

無理無理無理無理・・

 

サラリーマン、昔とは違い、本当に厳しくなっている

 

その割に、最近は働き方改革などで、

残業はしないで~休日出勤もだめよ~文化

でも、結果は出しなさい

 

一方で国は、『働けるだけ働いてね。』

『年金少ないからね~~』

って、結構ツライんですけど

どうなんですか。

対策方法ってあるんすか!?

 

何だか誰も指南してくれないので、自分で決めてみました。

 

私なりの対策方法

でね、前にも本ブログで発信しましたが、やっぱり『自分』という商品価値を上げたいなと。

専門分野に関しても、もう一度基礎からしっかりやろうと思っています。その他も・・

 

先に言っておきます!子供が乳幼児~2歳児がいるご家庭は、流して聞いて下さい。うちの子は手がかかりがちなの・・というご家庭の方も、参考までに。

具体的には、恥ずかしいですが私の場合は以下です。

  1. ビジネス英語が話せるようになる
  2. プログラミングがかけるようになる
  3. SNSやネット関係に敏感になる

 

①に関しては、お昼休みの15分、職場の仲間たちと勉強しています。

何とか、この4月で1年続きました。

 

②は本ブログの運営もさることながら、技術職ですし、置いてかれないように必死についていっています。2年ほどコードの練習をしています(独学です)。

今は、いろんな自己啓発本やサイトがあり絞り切れませんが、本よりも初心者には動画がお薦めです。

特にUdemyはなかなか凄い。名だたるプログラマーたちが、教えてくれます(しかも安い)。

 

③は最近、趣味も兼ねて夢中になりつつあるTwitter。

当初は、正直、若者っぽくてついていけない・・と思っていましたが、これ、やっぱり凄いよ(語彙力~~)。

現時点ではこれくらいですかね。

 

エピローグ

本ブログを読んで下さっているのは、バリバリ~ゆるやか共働き、専業主婦の方など、様々な立場の方だと思います。

 

私は、今フルタイムで会社員をしており、オイオイ恵まれてるじゃん!終身雇用逃げ切れるのでは・・と思われるかもしれません。

でも、本当に変わってきています。それが続くわけではないと最近心から思います。

 

ポンっと放り出された時に、

特に使える資格もなく、

新卒から同じ企業で働いて、

英語も大してできない、

マニアックな技術職+子持ち若くない女性なんて、

誰が興味あるねん!!というところです。

 

だからと言って、定年まで会社にしがみつき、後輩達に『できない先輩だな~』と影で笑われながら、下を向きながら仕事をするのも違うなぁと思います。

私は恐らく、役職にも就けず、きっと退職までヒラの下働きです。

一定年齢になると、『要らない枠』になると予想しています。

 

でも、その時に慌てない、

知恵努力覚悟は、

今から育てていきたいと思います。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

最後まで読んで下さり、本当にありがとうございます。クリックが本当に更新の励みとなっております。

【おすすめランキング】
ハイレベルなシンプルライフブログガーさんばかりです
シンプルライフ ブログランキング
おススメブロガーさんが集まるサイトです
ワーキングマザー育児 ブログランキング

このブログが1冊の本に(2018年3月発売)

10 件のコメント

  • 以前もコメントさせて頂きました、ちっちです。その際はお返事ありがとうございました◎
    今回のブログ、自分が働いている会社の状況や、それに対する私自身の気持ち的にもすごく共感するところがあります… 私は役職につくことは望んでいません。新卒入社した今の会社が、根底の部分(事業内容、会社のポリシー・方向性etc)で好きな気持ちはずっと変わらないし、この会社で長く働き続けたいのですが、スキルや知識なり社内外の人脈なり、社内での評価なり、何か誇れるものがないと、それはとてもむずかしいんだろうなぁと、ひしひしと感じます。
    考えるとちょっと沼にはまってしまいそうなので深く考えるのを避けていた部分もあるのですが、育休中で時間と気持ちにすこし余白がある今、先々の自分のため、いま出来ることをやっていこう、と感じました。

    • ちっち様

      コメントありがとうございます。
      誇れるもの・・難しいなぁ。

      実は、私も今までの技術一本で誇りを持って取り組んでいましたが、その技術があと数年でたぶん全自動化されます。
      そうすると、人もいらなくなります。
      私が磨いてきた経験や技は、途端に陳腐なものになります。

      結構ピンチです。
      でも、ピンチはチャンスだと思って、転換しようと思います。
      って、強かがっていても、たまにシュンとします。
      えーーん

  • たびたび失礼します。
    今回も共感です!

    私も経団連のニュースを見て明日は我が身と震えた1人です。笑

    そうなんです、ワーキングマザーは数年は会社のお荷物になる覚悟で…ってアドバイスを見るたびに、
    いやいやもうそんな時代じゃなくりつつあるよね、と思っておりました。
    40代後半になってスキルなしのおばさん何もできないしどこも雇ってくれないよ!

    今は平凡なサラリーマンとしてぬくぬく定年まで働くのってハードル高いなーと感じます。

    • のんちゃんのママ様

      そうそう、そうなのですよ。
      ワーママがどうのとか、そんな時代でもなくなってきましたし、
      若者が欲しいという企業ばかりになってきましたよね。
      そっちの争奪戦で、中堅から上は一定層いたらよい。
      みたいな?
      ハードルが高い我々の世代、励まし合いながらいきましょうか!

  • 本当に私も共感しました。ワーキングマザーに限らず夫にも当てはまるので速攻ラインに貼り付けて送りました。会社自体なくなる可能性もありすし。40代、準備と覚悟は今からしておく必要がありますね。て、私たち子供のことも心配しなだめなのに、自分の将来もなんて、、、厳しい世の中ですね。

    • あゆ様

      おお!旦那様と共有して頂き、ありがとうございます。
      我が家も夫とこの件には2人で策を練らないと・・と話しています。
      私達は、1人だとシガナイサラリーマンですが、2人になるとまぁまぁの戦略が組めそうです。

      結局、夫と二人三脚で越えていくのが、
      一番手っ取り早くて、手堅いかもな・・
      家事の負担やモヤモヤは夫婦間でありますが、そこもしっかり相談しつつ、
      荒波を進んでいきたいです。

      あゆさんも是非ご一緒に!

  • ぽにさん、お昼休みの職場のお仲間との英語の勉強、1年も続いてるなんてすごいですね!時間を上手に使っていらっしゃる。どういう感じで勉強会をやっていらっしゃるのか教えてください!!(今後のブログの中ででも結構です!)

  • はじめまして。いつも読ませていただいています。
    現役SEワーママ40才+6才+3才です。「②プログラミング」に反応して初コメントします。HelloWorld楽しいですよねー。僭越ながら、ぽにさんは研究より技術職と感じていたので、なぜプログラミング?という感想です(分析するのにpythonで組む?RPA?)良ければ教えてください。
    IT業界は人・技術とも入れ替わりが激しいので、入社当初から不安というか、年とともに変化のスピードに着いていけなくなる(=定年までいない)という覚悟とともに働いています。

    F.Y.I. GACCO(無料講座)で過去にビッグデータ分析講座をやっていました。その他もろもろ展開していましたよ。良ければ覗いてみてください。なんてたって無料です!

    では失礼します。

    • のら様

      鋭いですね。
      さすが、現役SE!

      私は、PythonまたはRを使って現場データの可視化・分析・最適化という感じです。
      SEの方ほど論理的にコードをかいている訳ではなく、重要な部分はコピペが主です(ヘタレです)。

      解釈や次の方針が最も重要で、それを如何に現場の技術に落とし込めるか・・というところです。

      それにしても、プログラミングの勉強をすればするほど、これを職業にする人は凄いと思います。
      のらさん、現役SEですか!本当に尊敬します。

      ほほ~無料講座覗いてみました。
      これはいいですね。
      積極的に利用します。
      ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在3歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!