共働きのコツ【10年を迎えて思うこと】

「共働きのコツってありますか?」

時より、後輩に聞かれます。

 

結論から申しますと、

コツはない

 

でも、しいてあげるなら・・

 

朝がきたら、用意をし、

子供がいたら保育園や学校に送り、

就業時間まで業務に勤しみ、

帰宅して、お迎えに行って・・

 

ルーチン業務をただこなす

ごく平凡な日常を繰り返すこと。

 

文章にしてみれば、シンプルですが、

シンプルを遂行するってすごく大変

 

これこそが、共働きの最大のコツかもしれません。

日常

*********************

共働きをしていると、サポートの『格差』にハタとなる時があります。

実家が近隣だったり、夫が協力的だと聞くと、羨ましいなぁと他の方の環境に指をくわえる時も。

 

人によりますが、よくよく聞いてみると、

近隣に住んでいる実母でも、

仕事や趣味に忙しく、そう簡単に頼めなかったり、

義母との関係に頭を悩ませていたり。

 

登場人物が増えるに伴い、人間関係が複雑になる時もあります。

手放しで『楽勝♪』という方は少ないかもしれません。

 

さて、我々夫婦も10年共働きをしていると、

辞めたい病に何度かかかりました

 

小さな微熱~お熱程度は、

日常茶飯事です。

入院が必要なくらい激しい波は、1年に1回かしら。

 

子供が産まれてから、キツイ日は沢山ありました。

 

でも、この10年を通して1番辞めたかった時期は、

 

DINKS時代

DINKS時代は3大『勘弁して』要項がありました。

  • 不妊治療
  • 通勤が長い
  • 仕事が激務

 

この時、私のストレスが半端なかったので、

夫と話し合い、上記事項のどれかを手放すことにしました

 

選んだのは『通勤が長い』。

自宅から会社まで、1時間半くらいかかっていました。乗り継ぎが良い時は70分。

電車は混雑していました。

そりゃ、首都圏の比じゃないので、甘えるな!と言われれば、平謝りです。

でも、私にとっては、キツかった。

 

独特のベットタウンあるあるもありました。

田舎からの電車に乗る人は、比較的遠くにお勤めの方(数駅なら車で通勤するので)。

 

皆、通勤時間が長い

1時間半の私なんぞ、ひよっこ。

2時間以上戦士がザラ。

戦士たちは翼が折れており、少しでも電車で休みたい。

座りたいオーラ満載

電車の中も座席や位置取り争奪戦なので、殺伐とした空気がありました。

 

比較的都会に住むようになり、ハナから『電車なんて座れないもの』というスタンスの乗客ばかりになり、精神的にちょっと楽だったりします(汗)。

 

さて、会社から30分以内の場所に引っ越し、私の負担は減りました。

相変わらずの激務と不妊治療はありましたが、

街に住み始めたため、高度な治療が出来る病院が近くなったことも大きかったです。

以前は夜の10時を越えてから帰宅していました。

考えるとゾッとします。今なら、すでに寝ている時間です。

 

そんなこんなで、引っ越し後、ストレスの急下降があったおかげか。

 

一瞬で妊娠しました

 

ありがたやありがたや。

長男を無事出産。

 

乳児との生活や保活問題、あっという間の職場復帰、しんどいことも沢山ありました。

急な呼び出し、両家遠方でサポートなし、仕事に100%注ぐことは無理。

 

間もなく次男を妊娠し、もう、記憶がないくらい大変な日々でした。

 

葛藤も沢山ありました。

今もです。

 

しんどくなる度に、

仕事辞めたい、辞めよう。

でも、辞めたら保育園も卒園しないと。

経済面も考えると、楽なことばかりではない。

 

・・年末まで頑張るか。

とにかく日常をこなそう。

 

年が明けた。

せめて、4月まで・・

それまで淡々と過ごそう

 

と思うようになりました。

 

*********************

気が付けば、長男は年長クラスになり、次男は年小。

下を見ずに、えいや!と渡っていた綱渡りが、徐々に太い綱になり、なんとなく安定した道になりました。

 

この数年、不器用ながらも『おうち』・『くらし』を工夫したおかげで、少しずつ快適にもなってきました。

 

そこで、待っていました!と、3人目妊娠。

不妊治療を長年していた私が、3人も授かるなんて、こんな嬉しいことはないです。

 

一方で、まだまだ、綱は強固な橋にはならなさそう。

 

小1の壁、

長期休み問題、

乳児を迎える生活、

約50平米マンションで5人くらしってどうよ!?

 

明らかに、今後も、ラクな道ではなさそうかな(笑)。

 

「コツはない、ただ、日常を淡々と」

時に、荒波に精神的にやられながらも、

微調整を続けながら、

無理せず?いや、かなり無理もあるけど、

できる限り、共働きを続けていきます。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。クリックが本当に更新の励みとなっております。

【おすすめランキング】
ハイレベルなシンプルライフブログガーさんばかりです
シンプルライフ ブログランキング
おススメブロガーさんが集まるサイトです
ワーキングマザー育児 ブログランキング

【共働きに効く?楽天ルーム(秋バージョン)】
ぽにの楽天ルーム

【コメント欄について】

申し訳ございませんが、現在、妊娠中でコメント対応をお休みしております。よろしければ、Twitterにお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在3歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!