人生の甘い誘いと、冷凍庫のイマイチな利活用

スポンサーリンク

ドラゴンボールが大好きになった息子達。

我が家は夜に、家族全員で約20分ほどテレビをみます。

たいてい、レンタルしてきた子供用DVDを鑑賞しますが、最近、ドラゴンボール(昔の悟空が小さかった頃から)を旦那が借りてくるようになりました。

私はあんまりテレビをみるのは好きではなく、いや嫌いと言うより、テレビが『ながら』でみられない人。

ついていたら、じっとしてしまう。

3時間引っ張るような、スペシャル番組など余裕で引っ張られ、まんまと3時間みてしまうのです。

 

さて、ドラゴンボール。

旦那は大大大好きだったようで、

ちょいちょい何かをドラゴンボールに例えたり、

ドラゴンボール関係者が他のアニメなどで声優をしていると「これは○○の声だ」といらん説明をしてくれます。

その中で、結構な頻度で出てくるのは、

 

フリーザ

はい、今日はそのお話。

冷凍庫(フリーザ)事情について

冷蔵庫収納、迷走・・私なりの『シンプル』を追求するとこうなりました。

先に言っておきますね。

我が家の冷凍庫活用法や整理術は至って、イマイチです。

毎日の買い物は、もっぱら生協に頼っています。

ということは、『ほとんどの生鮮食品が冷凍』

これは、専業主婦家庭で育ち、

生ものはなるべくその日のうちに消費する家庭で育った私にとっては苦痛でした。

 

肉、魚の冷凍。

今では当たり前ですが、

結婚当初は近所のスーパーに2日に1回は寄って・・

と結構頑張ってしまい、早々に追い詰められました。

 

はい。ではこの辺でお写真を。

ぱっと見はガッカリとしか言えませんが、

冷凍したモノはこんな感じで収納しています。

冷凍庫 収納

ギュウギュウ!

ええ。その通り。

冷凍庫はいっぱい入っている方が、冷やす効率が良いと聞いたことがありますが、うーん。本当かしら・・知らんけど。

 

こちら、生協で頼んだモノが届いてすぐの状態です。

以前は、仕切りの盾を使ったり、キレイに見えるよう、形が似ているパッケージを並べていました。

でもですね。

何がどこにあるか、全く把握できず、冷凍しているためより賞味期限に疎くなり・・

「これ、いつの?」

が多発。

やっぱりパンパンに!!

次のコープが届いた時、冷凍品が入らない。

えっ・・どうしよ・・状態。

 

一見、煩雑なこの収納ですが、ちょっとした規則があります。

冷蔵庫 収納
  • 青:お魚
  • 黄:麺やピザ生地、カット野菜
  • 赤:お肉

でございます。

もうこうなれば、使っている人にしか分かりません。

ただ、キレイに見える収納の時よりも、使い易くロスもなりました。

一応、昨日は青エリアだったから、今日は赤エリアの解凍を・・とバランスよく食べるために心がけています。

冷凍品 残り

冷凍庫の引き出し部分です。

使いかけの食品を縛って入れています。

 

前はジップロックに入れかえていましたが、

メーカーがその食品のために作った袋、要するに元々のパッケージのまま保存。

理由は以下です。

  • 袋が強い
  • 食品の調理法が書いてある
  • 単純にめんどくさい

 

左側のフリースペースは、突然冷凍したい時に入れられるためのスペースです。

このスペースがないと、精神的にも厳しい。

人間、ちょっとした空白に癒されるのはなぜでしょう。

 

ということで、我が家の冷凍庫、フリーザ事情でした。

特に華やかでも何でもないですが、あれこれ試して一周して、こちらに落ち着きました。

**********

フルタイムに移行したのと、西へ東への出張、

プロジェクトの仕事振り分けや、

新しい技術導入・・

共働きも本当に忙しくなってしまい、ちょっとこのままではいろいろ厳しい我が家。

 

あと1年半に迫った小1の壁におののき震える日々。

このまま働けるかな。

ファミサポにも登録し・・

転職とか、働き方も考えるべきだな。

 

一方で、やっと楽しくなってきたサラリーマン人生。業務を続けたい気持ちが強い。

ただ子供達が最優先。

はぁ、どうしよ・・

 

完全に、迷子状態

 

こういう時は、名言集を調べ、その言葉に癒される私。

 

今回はフリーザの名言集をみてみようか。

PCをポチポチ・・

 

・・うーん。特に人生に響くような言葉はないか。

 

ん?

全然名言ではないですが、迷える私には引っかかったセリフが。

 

それは、ある戦いの場面。

バカにしていた悟空達が、想像以上に強かった時。

 

「いちおう最後に聞いておこう…どうかな、僕の下で働いてみる気はないか?」

 

・・・

フリーザ、悟空達に転職を斡旋してるやん。

 

敵の強さを認め、自分の元で働かないか・・

経営者としては何て魅力的な人。

 

こんなセリフ、言われたことないわ。

 

何だかフリーザの言葉ですら、別の角度で刺さるわぁ~~

 

迷って迷ってぐちゃぐちゃしますが、

その時が来たら、冷凍庫に入れてでも、固めるしかない。

 

それまで、全力で前に進めます。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

いつもありがとうございます。コメント欄も見ています。もう、皆さん、大好き!!ぶちゅーー

【おすすめランキング】
ハイレベルなシンプルライフブログガーさんばかりです
シンプルライフ ブログランキング
おススメブロガーさんが集まるサイトです
ワーキングマザー育児 ブログランキング

このブログが1冊の本に(2018年3月発売)

スポンサーリンク

2 件のコメント

  •  ぽにさん、こんにちはー。3人子育て中で、専業主婦のさくらです。

     待ってましたー、冷凍庫の整理術。
    いやいや、生活感が出ていて、ぽにさんだけが分かる収納。
    これって、使う側の立場だったら、使いやすいように取り出しやすいように分かりやすいように
    整理していくのが、一番です。
     ちなみに、我が家では冷凍されている肉たちが引き出し部分で、下の収納には
    氷枕数個と、アイスだけしか入ってません。
    旦那の夜食にアイスがあり、箱アイスを常備してと、頼まれておりますが・・・自分が食べないので
    しかも今寒いし、買ってません。
     あと、ぽにさんお迷子状態。ちなみに、私も今迷子状態です。
    教育費のことを考えると働きたいけど、子供の行事類には参加して、子供の世話をちゃんとしないと
    後々での後期もしたくない・・・・。今でも、日々が葛藤の日々です。
     ぽにさん、気持ちが痛いほど分かります。
    迷って迷って、それで固めるときは固めましょう。
     では、ぽにさん頑張ってー。

  • ぽにさんこんばんは〜。
    前々回のテーマでコメントしようと思って何回か書きかけたけど、自分の考えを巧く表現できず、ダラダラした文章になってしまったので、全削除してしまいました(^^ゞ
    一言でいうなら、ぽにさんの気持ちわかる!旦那に対するいらだちは、理由が何であれどこか共通点がありますよね。それは、我が家のように育児に対するサポート(実家とか)が得やすくても得にくくても同じなんだなぁと思いました。
    でも、ケーキ買って!となるところがぽにさんかわいいなぁーって思いました!
    迷い子なのは私も同じです。親も全面協力ですが、実親だから言えることもたくさんあって、いろいろ言われます(^.^;
    私が至らないこと、気づかないことがいけないんですけど、やっぱり凹みます。『この子(上の子)は神経質なところがあって、繊細なんだから、ちゃんと見ておいてあげないと』みたいな事とか。なんか、遠回しに仕事ばかりで子供の事見てないでしょって言われてる気がします。わかってんだよーわかってるけどさー……難しいですね(^o^;
    週末は七五三の写真撮影とお参りだったのですが、今日、主役が熱発してしまいました〜。ピンポイントで体調不良。写真撮影の振替は厳しそうなのでなんとか明日は落ち着いてくれ〜と祈るばかりです。なんか、マイナスな事は続けてくるな〜と思ってしまいます。まあ、そのぶんプラスへの振れも大きくなるはず〜!!と信じたい!
    ぽにさんの、頑張りすぎないシンプルライフ素敵です!
    冷凍庫も自分なりに工夫して使いやすければそれがベストですもんね〜。私はまだまだ断捨離から始めないと物があふれてるので、少しずつシンプルライフ目指したいです!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在3歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!