副業に至った経緯

スポンサーリンク

育休中の副業の続編をお届けします。

本題とは少し脱線するかもしれませんが・・
なぜ「育休中」に副業に取り組んだのかという経緯を説明いたします。

ポニは2013年の12月に息子を出産しました。

この同じ月に結婚式を挙げる2人の後輩からブーケ作りを頼まれていました。
2人とも職場で苦楽を共にした大切な同僚でもあります。

1人は生け花部の元副部長(部長と副部長のみの部活でしたが・・)。
ポニ自身のお式に使用したブーケは、彼女が一緒に作ってくれました。
頑張らない訳にはいきません。

ただ、初めての出産を迎えるので、突然何が起こるか分かりません。
事前に用意しておきたいです。
長持ちしない生花は使いたくないです。

そこで、ブリザーブドフラワーにチャレンジしてみることにしました。

彼女達は結婚が決まって早々に依頼をしてくれました。
すでに妊娠が判っていたポニは、半年前より図書館で20冊くらいブリザーブドフラワーの本を借りてきました。
何度も練習し、研究を重ね、材料をお得に仕入れられるルートも開拓しました。

出産前の絶対安静時は、寝ながらブーケ作りと疲れたら専門分野の勉強と・・
今思えばハードでした。

でも、楽しかったです。

そして、いざ花嫁に作品を贈ると・・

2人ともこちらが感動するほど喜んでくれました。
作って良かったと心底感じました。

ブーケ納期後、無事、出産を迎えました。
息子よ、ありがとう!

この経験が、私のフラワー熱を沸々と上昇させたのです。

次回に続きます。

最後まで読んで下さりありがとうございます。
⇩⇩⇩⇩⇩この絵にクリックして下さると幸いです。
ほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ
皆さんのポチッに本当に本当に感激しております。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在3歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!