食洗器の注意点とおススメポイント

スポンサーリンク

共働きの必需品とも言われる食洗器。

我が家では、冷蔵庫や洗濯機という空気のような存在の次に重要視する家電。
(やはりこの2つは万国共通 神アイテム)

約50平米 モロ単身者用キッチンでも置きたいのです。本日は食洗器の魅力と注意点を独自の視点でご紹介。

みなさま、食洗器で以下が洗えることはご存知でしょうか。

オーブンの鉄板
土鍋
炊飯器のジャー
魚焼きグリル
ガスコンロの五徳
・・etc

素材やサイズが各家庭で違いますので、一概にはいえませんが。
我が家ではじゃんじゃん洗っています。

e0349351_08401442.jpg

中央の微細な部分以外、五徳は食洗器へ。

有効に使うポイントとして、
食洗器を備え付ける時が重要。

水栓は、お湯側から引っ張ってもらうこと。

それにより毎回、標準装備で温かいお湯で洗ってくれます。

私の持っている機種は、最短17分で洗う超早いコースがあります。
前の家では水から引っ張っていたため、汚れ落ちが?の時がありました。

お湯から引っ張るようになってから、どのコースも格段に優秀に。

ただ高温コースにすると、仕上がり直後、持てないくらい熱い時があるので気を付けて。

それだけ熱湯で洗浄しているので、菌の繁殖は劇的に減っていると予想します。

以前、菌類の研究者とお会いした際、熱湯や蒸気の滅菌が最も効果的と話しておられました。

木製やアルミ製には注意!

白く変色することがあります。

アルミ鍋や炊飯器の内ブタ(アルミ製)は見事に白く変色しました。

木製のカッティングボードもヒビが。

食洗器は注意点さえ守れば、本当に神アイテムです。

1人でも多くの方が、食器を洗う負担から解放されたら…と考える今日この頃なのです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在3歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!