『泊まり出張』や『帰宅が遅くなる飲み会』はどうするか?家事の準備、子供達への対応、その他モロモロも

スポンサーリンク

「ぽにさんって出張、めっちゃ多いじゃないですか。実家も遠いのに、どうしてるんですか?」

つい最近、後輩に相談されました。

2週間後に出張が決まっている彼女。ヘルプ要因もおらず、困っているとのこと。

「子供が万が一、出張の日に体調を崩したら、私が迎えに行かないといけないので。イロイロ考えた末、前日有給を取って、子供を休ませようかな・・と思っているんです。」

うんうん。

非常に良く分かります。

前日に休ませたくなるのも。

 

でも、ちょい待ち。

僭越ながら、一応、出張そこそこしており、何なら今、東京に向かう新幹線の中で記事を発信している私からのアドバイス。

何とかなる。

いや、『何とかする』

新幹線 靴下

これに尽きます。

これから忘年会や飲み会シーズン。どうするの?という機会も多いのではないでしょうか。

通常通り帰って来れない日の準備、ポイントは以下。

  • 子供面
  • 情報共有
  • 家事の簡略化
  • 感謝の振り撒き

では、いきましょう~

子供面

私は、通常は自称ゆる~いサラリーマン(次男が子供が3歳になるまで時短勤務)ですが、時として『ここ!』と思った出張は、なるべく赴きます。

技術系であるため、外部の技術を拝借せねば、課題が進まないことも多々。

ただ、子供達には全く関係のないこと。

3歳・4歳になった今ならまだしも、次男の育休復帰時には、まだ復帰10日も経っていないのに、3日間の国内出張(しかも北陸地方・・)をしていました。

【ともばたけ】【仕事】

復帰後、勤務日数10日経っていませんが泊まり出張です!

 

2年以上前ですが、その年は出張三昧。

東京、福岡、広島・・何往復も。

 

よくもまぁ、あんなに出張に行ったわね・・と自分でもあきれます。

ただ、その行動したおかげで、新しい分野を担当することになり、確実にあの頃の出張がキャリアに繋がっております。

本当に子供達に感謝(あっ夫も)。

さて、家庭内で当時より一貫して行っていることは、

母がいない日は、無法地帯でも良し

 

我が家は両家の実家が遠いため、基本、夫婦2人で回しています。

うちの夫は、テレビ大好き。おふざけ大好き。いつまでも子供な大人です。結婚するまでは、ご飯中にテレビをつけ、途中でもゴロゴロし、自由気ままに過ごしていた人。

 

一方、私は結構お行儀や食事にはこだわります。

食材にも、食べる時の姿勢も。

テレビをつけるなんて、論外。

会話を楽しみながら、正しい姿勢できちっと食べましょう。

を意識しています(まぁ、子供達がギャーギャー喚き、そう上手くはいきませんが)。

 

これが、母がいない日は、まぁだらけまくります。

出張中に夫から送られてくる夕食の写真は、男子3人が全裸で食べている写真だったり、信じられないくらい楽しそうです。

また、テレビも見放題。

事前に、DVDを借りてきて、キャッキャ言いながら見ているようです。

 

そのおかげか、私が電話しても・・

長男「あっ、お母さん!今、テレビ見てたの。ほんじゃあ、バイバイ!」

と即効切られます。

 

もちろん、寝る寸前に「おかあさぁーん」とグズる時もあるようですが、夫は家族の中で眠りにつくのが最も早く、子供達も諦めて寝てしまうようです(←ヒドシ)。

『母が遅い日、出張の時は、特別なワクワクが待っている』という認識があるようです。

淋しくて、えーんえーん泣くよりも、悪くない刷り込みかもしれません。

 

これを有効にするためには、日々、母は比較的厳しく、規則正しく子供達と生活すること。

いてもいなくても同じだと、『特別感』は演出できないので。

母は、『良いとこどり』はできませんね・・

 

もう1つ、すごく大切にしていること。

泊まりや遅くなる出張の時には、必ず子供達に詳しい状況を伝えています。

 

「お母さんは、貴方達が大好きで宝物。
それは間違いない。
次の月曜日、3日間出張に行ってきます。
場所は、東京です。
シンポジウムと展示会に行きます。」

たぶん、3歳児は良く分かっていないと思います。

でも、どこに泊まるか詳しく説明し、テレビ電話もすること、お土産も買ってくることを伝えます。

お父さんが保育園のお迎えとご飯、時として、ばぁばがお手伝いに来てくれることも。

 

機嫌が悪いと、「行っちゃだめーー。」とギャン泣きされます。

事前に言わない方が良かったと思うくらい、ごねられる時もしばしば。

 

でも、想像してみてください。

ある日、突然、大好きな人が帰宅せず、他の大人もうやむやにして話を逸らすような行為をしていると・・子供は不審に感じるでしょう。

きちっと伝えることで、信頼関係を築けるでは。

 

まぁ、伝えることで、グズグズされることも多いですが、夫の努力もあり、思いの外気持ちよく送り出してくれるようになりました。

 

さて、あと3つの項目が残っていますが、すでに結構な文字数になってしまいました。

次回、残りをお届けします。

 

母親は出張や飲み会においそれと行ける訳ではございません。

ただ、少しのコツで本人も家族も、最小のストレスで不在時を過ごせると感じます。

世の中のお母さん方、ちょっとメンドクサイですが、次回もお付き合い頂けますと幸いです。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

さぁ、今週も始まります。先週は6連勤だったためか、地味に疲れが溜まっています。寒くなってきましたし、皆さまもお身体にはご自愛下さいませ。

【おすすめランキング】
冬支度には最適。一度チェックしてみて下さい。
シンプルライフ ブログランキング
ワーママさんは、よくやってるわ。頭が下がる
ワーキングマザー育児 ブログランキング

このブログが1冊の本に(2018年3月発売)

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • はじめまして。
    5歳娘と1歳息子がいる時短ワーママです。
    今年4月に2人目の育休から復帰し、息子が発熱続きで参っているときにぽにさんの書籍を拝見し、すごく助けられました。
    来月から忘年会シーズンでどうしよう…と悩んでいたので、今回の記事も参考になりました。子供に状況を伝えるの、とてもいいですね!
    ぽにさんのセリフ、娘が大好きな「たからもののあなた」という絵本を思い出しました。
    次回も楽しみにしております。

    …関係ないですが、妹が子供の頃いつもポニーテールで「ぽにちゃん」というあだ名だったので、お名前に勝手に親近感を持ってしまいました。すみません。笑

  • はじめまして。
    Living smallのAkiさんのブログから見つけて、こちらのブログ拝見させて頂いてます。
    うちにも2歳と0歳の男の子がおり、来年春から仕事復帰予定なので今回の記事参考になりました。今のように自分一人で家事も子供のこともできなくなる不安と寂しさがありましたが、主人のことを尊重して協力していきたいと思いました。ぽにさんの子供にきちんと説明する姿勢、素敵だなと思いました。
    今後もブログ楽しみにしています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在3歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!