暮らしにヘトヘトになっていて、もういいかな・・と思う時に読んでもらえたら

「お母さん、抱っこしてお家まで連れてってよ。」

昨夜、保育園からの帰り、車から降りる時に言われました。

珍しいな。

「うん、いいよ。」

よいしょ。

重くなったなぁーでも、私が抱っこし易いように、しがみつくの、上手くなったなーー

ともばたけ

長男5歳、次男3歳。

私は、つい最近~小学校入学までを勝手にこう呼んでいます。

共働きの子育て黄金期

 

長男を出産し、1歳8ヶ月差で次男が産まれ、次男が2歳になるまでくらい、

何100回も、

もうアカン。

と思いました。

我が家は今でも夜泣きをする方ですが、当時はもっとすごかった。

3時間ごとの授乳並みに起こされて、ヘトヘトになって朝が来て、もうひと眠りしたいぐらいに子供達が朝のグズグズで・・

元々癇癪持ちの長男は、1日に1回は拗ねたり癇癪を起し、それが1時間くらい続く・・

2人の「抱っこーギャーギャー」という泣き声がワンワン響き・・

夫はすでに出勤、ワンオペでの準備は本当に苦しかったです。

 

まだまだ同じような日もありますが(汗)、頻度は極々減りました。

現在は、

  • 小学校まであと1年(宿題もない)
  • 4月から年長・年少になる
  • 手はかかるけど乳児期は脱出した

という理由からでしょうか。

グッとラクになりました。

では、今まさにその最中だよ~という方に、僭越ながらアドバイスを。

 

お金を使ってでも、他の人を呼びよせてでも、ラクして下さい

マジで。

今思えば、もう2度と戻らない可愛い時期なんですが、『大変』だったという記憶が強すぎて・・

 

無理やりでも土曜日の保育園に行ってもらってもよかったかも・・と思うこの頃。

うちの夫は、年に数か月、土曜出勤の月があります。

夫のいない土曜は1人で子供達をみて、週明けの用意をして、ヒーヒーになって・・

何度もギブ・・って思いました。

 

家電やサービスにも助けられました。

  • 食洗器
  • 衣類乾燥機
  • コープの個配
  • 自動鼻水吸い取り機械
  • ルンバ

何よりも、家が狭いという私が最も不満に思っていた部分が、

 

実は一番助けてくれた点かもしれません。

 

トイレまでの動線、ゴミ箱が1箇所だけで良い、お風呂とリビングが近い・・

約50平米に4人暮らしなので、当たり前ですが、数歩で全てが完結します。

モノが置けないため、不必要なモノはすぐ捨てるというサイクルも徐々に体得しました。

3か月以上使わないモノはなるべく捨てました。

  • オブジェ
  • 本棚
  • 使わない鍋
  • 食器や小物

は、捨てても生活に不具合が生じないことも分かりました。

 

今、幸せのはずなのに、苦しい局面にいる方々(まぁ私もまだそこかもしれませんが)、

どうぞ、

適度にラクをして、

ラクをするという罪悪感みたいな感情を放棄して、

ぼちぼち進んで下さい。

 

貴方に幸あれ!!

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。クリックが本当に更新の励みとなっております。

【おすすめランキング】
ハイレベルなシンプルライフブログガーさんばかりです
シンプルライフ ブログランキング
おススメブロガーさんが集まるサイトです
ワーキングマザー育児 ブログランキング

このブログが1冊の本に(2018年3月発売)

10 件のコメント

  • 初めまして。
    突然のコメントすみません。
    朝、記事を読ませていただき、通勤電車の中で涙が溢れました。
    2歳半と6ヶ月の娘がいます。
    二人とも産休のみで、育休はとらず職場復帰しました。
    主人も仕事が忙しく…
    基本ワンオペ…
    ぽにさんのブログに何度も何度も励ましていただき、今日まで頑張ってきました。
    そして、まさに、今日の朝もう無理だ…と思ったタイミングでのブログの内容だったので、思わずコメントしてしまいました。
    ぽにさん、心から尊敬しています。
    わたしも今日からまた頑張ります!!!
    ありがとうございます!!!!

    • イバ子様

      凄い。凄すぎです。
      そして、イバ子さんを心の底から尊敬します。

      2歳半と6ヶ月・・
      最強に可愛い時期ですが、四六時中、守らなくてはいけない時期。
      その上、お仕事にワンオペ。。

      国宝レベルに頑張っていると思います。

      どうかどうか、ゆっくりなんて無理ですが、努めて頂けたら・・
      お近くに住んでいたら、すぐにでも飛んでいって、お手伝いしたいです。

      前を向こう!とイバ子さんのコメントで思いました。
      ありがとうございます。

  • こんにちは。
    共働きで共倒れではなく片倒れしそうになることありますよね!

    二度と戻らないかわいい時期と書かれているので
    保育の手を借りるより、
    仕事のほうで手を借りて余裕を生み出し
    子供を接する時間を豊かにする方法を
    まずはじめに模索するほうが
    今の時代の後輩ママに私はおすすめしたいなーと思います。
    二度と戻らない、手に入らないほうを優先させたかった…

    • ピーマン様

      ほんまにそれですね。

      私は余裕がなく、子供との時間をいかにラクして過ごせるかと考えてしまいました。
      ハッキリ言って、仕事の方が自分で調整できるので、何とかなるんですよ。
      そうなると、調整の効かない1番大切な子供達との関わりが、苦痛な時期もあって・・

      私、馬鹿ダァーー

      後輩たちから相談された時は、「努めて手を抜けー仕事も育児も家事も何もかも」
      と言っていますが、ピーマンさんの考えも取り入れたいです。
      勉強になりました。
      ありがとうございます!

  • ぽにさんとの出会いはまさにもう無理状態な時期でした。しかし仕事への熱意と無知から子どもは熱が出ても夜中に水分取らせまくると朝は保育園に行けるという謎の自信から同じような方はいらっしゃるかしら?と調べてこちらへ行き着きました。今まさに黄金期!本当にそうなるまでにいつも励まされてきました。まもなく年長ですね!また小1の壁を一緒に乗り越えたいです。感謝。

    • まあ様

      いつもありがとうございます!
      謎の自信の部分、笑いました。
      それそれ。分かる。
      そうやって、あらゆることをなぎ倒していかないと、抜けられない時期、ありますよね。
      うちもos1のゼリーをどれだけ飲ませたか!
      そして、水分たっぷり、睡眠たっぷりにどれだけ助けられたか!

      まあさんは、エキサイトブログの頃からの心の友です。
      一緒に小1の壁を乗り越えましょうね。
      いけるかな?やってみるか。と思えるのは、まあさんがいるから!
      ありがとうございます!

  • 初めてコメントさせていただきます。
    あまりに懐かしくて♡
    うちも1歳9か月違いの息子2人がいます。それはそれは大変でした(笑)
    ブログを拝見して、わかるわ~と。
    そんな息子たちも25歳と23歳になり、今も仲の良い友人のような兄弟です。
    先日、家族そろって昔のビデオを見てみました。
    狭い家で過ごしている日常生活に映る私は・・・とても幸せそうでした。
    自分でもビックリでした。あんなに大変だったのに!?って。
    息子たちからも、お母さんめっちゃ幸せそうじゃ~ん(笑)って。

    ぽにさんもいつかそう思える日が来ると思いますよ♡
    まだまだ色々なことがあると思いますが、どうぞ今の可愛い笑顔を励みに無理せず楽しく♡

    これからもブログ楽しみにしております。

    • たまりん様

      コメントありがとうございます。
      なんとなんと!
      25歳と23歳。
      まっ眩しいです。
      たまりんさん、すごいです。

      一方で、今の大変な時期の生活が懐かしく、そして二度と戻らぬ可愛い時期だと心から思うのでしょうね。
      それにもジーン。

      いらいらして、どうしようもない時もありますが、『今』を楽しみます。
      ありがとうございます。

  • もうねー!みんな一緒に暮らしましょう~!
    得意なことを手分けして!
    6ヶ月の赤ちゃん!抱っこしたい~!
    ぽにさんにはうちの1歳3ヶ月の娘をお貸しします~!
    息子は4歳なので長男次男くんの仲間に入れていただければ!

    • hana様

      是非是非~~!!
      絶対楽しく遊びます。
      もう、子供は子供と一緒にいるのが一番ですよ。
      大人なんて、見守り隊で十分ですよね。
      あーーみんなで手分けして暮らしたい。
      それです。まさに。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在3歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!