『自分たち世代の教育方法』を続けるのは危険だと強く思ったこと

9月18日(日)のNHKスペシャルを見た方、おられますか?

“中流危機”を越えて 「第1回 企業依存を抜け出せるか」

 

久々に、

衝撃過ぎて、見た後に夫と2時間話しました

 

内容はかいつまんで以下に箇条書きにします。

  • 日本の世帯所得の中央値は、25年で約130万円減少
  • 大きな要因は“企業依存システム”
  • 3人子供がいて3000万円の家を買った若い夫婦が給与が上がらず家を売却
  • 親世代が当たり前にやってきたことが出来なくなる現実
  • 社員の生涯を企業が丸抱えする雇用の限界
  • とにかく人件費を削るしかない企業、給与が低下、買い渋り、経済鈍化と負のスパイラル
  • 逃げ切り出来そうな50代夫婦も自分の子は奨学金がまだまだ残り、思っていた未来を描けていない

 

うん。

もうね、ちょっと暗く内容なのですが、本当にその通り。

 

で、最後にどうしたら良いのか。

徐々に成果が出つつある、

もがいている企業の新しい戦略について紹介していました。

 

それは・・

社員教育と外部圧力の受け入れ

とでも言いましょうか。

 

社員教育は、今までやってきた研修方法(何年目でこれする。役職や役員を中心に)ではなく、社内の成長分野の人材や若手・中堅中心に!というシフトチェンジ。

 

で、外部圧力の受け入れは、

他分野からの転職受け入れ

新卒から叩き上げの人と他分野転職組のミックスさせて、チャレンジ&成長期待分野の課題を遂行してもらう。

 

昔人気のあった大手家電企業が、

IT分野の人材を転職者として受け入れ、

古巣の中堅と新しい技術にチャレンジしていました。

 

そうだよね~

 

我が夫は、『他分野からの転職組』としてこの春から新しい分野で働いています。

彼も凄く刺激を受けていますし、新しく入った企業の人達も「他の分野で研究してた人が?わざわざ?」という好奇な目はあるみたいですが、当初思っていた以上に重宝をしてくれているようです。

 

とはいえ、企業や日本経済については、

私自身も歯車の一つなので、

すぐに変えられたり、結果が出る訳ではありません。

意識はしたいけど、大きな流れに身を任すしかない。

 

で、今回の番組で思ったのが、

子供の教育も『今までのそれ』とは変えないと

ということ。

 

Twitterでも社会学者のちきりん氏が、

NHKスペシャルについて、ツイートをしていました。

それな。

 

という感じ。

 

私は、ぼんやり、子世代と私達世代は違うよね~と思っていたけど、

もはや、同じ国と思わない方が良い

 

という確信みたいな感情を持ちました。

 

で、夫とテレビを見た後に2時間ほど作戦会議。

 

子供には、どんな教育をさせるのか。

やっぱり、

  • 良い大学に入るための教育に注力
  • 自分達の時と同じようにドリルや暗記中心に教育させる
  • 英語は学校だけで良し

はしんどい。さらに、

  • 金融教育を全くしない
  • 男性だけが家計を支える
  • 女性だけが家のアレコレを請け負う

は、ダメだよねーと。とあげつつ、我が家も私がワンオペ過多のため、課題はたっぷりある。

 

まぁ、『ドリルなどの勉強に関して』の意見は間違っているかもしれません。

今までのスタイルでも全然通用する子も中にはいると思います。

 

でも、それは一握りであり、

いわゆる、

『マット運動をしていて、前転しか教えていないのに、ハンドスプリングまでいつの間にかできちゃう』

勘の良い子だったり、

適応神経?みたいな環境に合わせたりするスペック高い子だと思うのです。

 

普通の人はどうしたらよいか?

そう、それよ。

 

明確な答えではないかもしれませんが、

夫と話している時に、

自分自身が小学生・中学生ならばどうするか?

という【問い】について考えました。

 

2人一致することとしては、

英語は小学校からやっておく

かな~と。

 

自分達の世代以上に、英語は必須になる。

日本の人口統計がこれだけ減るのが分かっているため、自国である日本にモノやサービスを売るよりも、世界に売ったり、展開した方が断然良い。

外貨を稼ぐってやつです。

 

その時に、英語が出来ないと、どうしても尻込みしてしまったり、しんどい状況になりやすい(ハートが尋常じゃなく強く、飛び込める人は別)。

どれだけ翻訳機能が発達していようが、

AIが進歩しようが、

やっぱり『英語を話せる』という自信は最強だったりします。

(これも、ハートが強い人は別ね)

 

小学生じゃないと手遅れなのかというと、そうでもない。

もう、中高になっちゃったよ~という人、

もしくは大学生であっても、

英会話スクールに行ってでも、鍛えた方が良い。

安くすませるのなら、ラジオ英会話やTOEIC教材でももちろんOK。

 

私たち夫婦の小さな人間関係でしかないですが、

職種上、

旧帝大から地方国立、私立有名大の方々と多く接しています。

その中で、『小・中・高・大の授業だけで、英語が喋れるようになった』という人をほぼ見たことがありません。

もちろん、理系界隈の人という偏った狭い母集団です(そして、厳密にいうと何でも出来るマンガのような天才はいる。それは省かせて…)。

自分が留学したとか、

研究室に海外の人がいたとか、

留学経験はないけど学生時代にTOEICや英語の勉強にのめり込んだ、

という人は英語を話せます。

 

と、英語最強説のようなことを言いましたが、

もちろん、他も大切。

 

そう、

外部圧力の受け入れ

 

企業での転職者の受け入れに当たります。

 

家庭内で出来ることと言えば、

『いろんな輪に子供達を参加させる』のが良いかな~と。

強制的にソフトな外部圧力を与えると言いますか。

 

自治体で行っている行事に参加したり、

子供達だけのキャンプに申し込んだり、

日スポや、文化サークルに所属させる。

習い事でもよし。

お金の都合もあるかと思うので、出来る範囲になるとは思いますが、『家庭内』以外の関係を外へ外へ作る

 

狭い島国日本だけでなく、いろんな視点を持てるように、自分が育った時以上に【世界を意識する】家庭以外の刺激が必要なのでは・・と思います。

 

親の意識や言動は、子供にダイレクトに伝わります。

実際、「親が喜ぶから」「親が良い大学へ入れと言ったから」「親もこうだったから・・」という人は非常に多い。

私自身も人のこと言えたもんじゃありません。

ガチガチの日本人です。

 

でも、これからの子供達には、

世界を視野にいれろ!

と家庭内でも世界推しで、接していくだけでも、未来が変わると思うのです。

ホント、何が正解か分かりませんが、『世界を視野に!』という考えで少しずつでも、教育も経済も変わっていけばと願うのです。

 

 

そだね~の印に、ポチ頂けますと嬉しい。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
◆欲望と妄想でカオス状態、ぽにの楽天ルーム
一切ためになることを発信しないぽにのTwitter

ABOUTこの記事をかいた人

10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在4歳、6歳の育児中。 もうすぐ3人目の出産を控える。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!