企業努力って、ちょっとしたモノに潜んでいると感じます

スポンサーリンク

何度もお伝えしておりますが、私はメーカー勤務、技術職です。

入社当時は研究者として採用されましたが、数年で違う場所に飛ぶことになりました。

 

なんだかんだで、勤続10数年になり、今更ながら感じることがあります。

 

ものづくりって、素晴らしい

いや、マジで。

日本製品だから凄いとか、そんな話ではなく、万国共通の概念として。

 

例えば、お菓子の箱。

紙で作られた小さな箱、閉める時に『カチッ』と音がするよう工夫されていたり。

日常の気がつかない所で、最適な素材の採用がされている。

さりげない所に、ものづくりの魂が込められています。

 

*************

先日、姉一家と凧揚げをしました。

車で尼崎のスポーツの森に行き、海に近い、なーんにもない広い広場で凧揚げ。

風、ビュンビュン。

あがるあがる。

凧揚げ 兵庫県

姉が、延長用の凧糸を買ってくれてたので、もう、どこまで高く上がるの?と不安になるくらい高くあがりました。

子供達も楽しそう。

姪っ子、甥っ子も一緒にキャッキャしてます。

家族全員、大満足で帰ってきました。

 

前に、ブログでお伝えしたように、保育園の冬の宿題で『凧づくり』がありました。

【ともばたけ】【イラスト絵日記】
新春、本ブログ初の試み。

長男が絵を描き、その後竹ヒゴをつけました。

実は、園から渡されているのは竹ヒゴのみ。

凧糸は、ご家庭で用意して下さいとのこと。

 

私は何の気なしに100均によって、料理用の凧糸を買いました。その糸には、『凧揚げ用にも』との文言があり、安心して購入。

息子お手製の凧の両端に糸を通し、いつでもあげられるようにとしたのですが・・あれ?

 

絡まる

ちょっと持っただけで、クルクルーーっと糸がねじれます。

よく見ると、糸自体がねじられており、伸ばしても、ねじりを開放するためにクルクル自然に回ってしまうようです。

 

あれあれ?と思っていたのですが、「もういいや」と半ば諦めモード。

手作りの凧なんて、そう簡単にあがらないよ。

 

そばにいた長男は、先日のいとこ達との凧揚げが楽しかったようで、「僕が作った凧でもあがるかなぁ?」とウキウキ。

うん。

 

・・やっぱり、絡まり、気になるな。

 

ゴソゴソ。

車に入れっぱなしにしていた先日あげた既製品の凧を持ち帰ります。

例の延長用の凧糸に切り替えてみました。

すると、

全く絡まない

何なら、手作りの凧でも、室内でちょっと揺らすとスッとあがる。

 

何これ?

延長用の凧糸は、確か180円くらいだったと思います。

全然違う。

糸を見ると、ねじれが出来にくい加工になっていました。

専用の凧糸の細やかな配慮。

 

一方で、100均はダメなのか?

いやいやそうではない。

元々料理用。ねじれがあるからこそ、お肉をきつく縛れたりするのでしょう。

 

なるほど。

用途により配慮する技術が違うのだ。

 

凧糸は変えてよかったです。

そのまま持たせると、長男に、「やっぱり手作りは全然ダメ」という印象を与えてしまったかもしれません。

保育園の凧揚げの時に、1人だけずっーと絡みを直してるのも、可哀想ですし。

 

たかが、凧糸。

されど、凧糸。

 

****************

年明けに、部署で昨年の実績の発表会がありました。

年に1回、担当取締役を招いての会。我々の目立たない部署(自称Cランク)であっても、ちょっと浮足立つ。

メンバーは皆、真摯にプレゼンをしています。

 

途中、とある技術が特許を申請することになったとの報告が。

その技術は、2年ほどずーーっと現場で問題になっており、それこそ、通常に行うと糸が絡まってしまうような案件。

絡まりを失くすためにはどうすれば良いのか・・

技術者がデータを照合し、解決したのです。

 

主担当は、長年仲良くしているワーキングマザーの後輩。

淡々と事実と結論を発表する彼女。

 

私は、胸が熱くなりました。

 

やっぱり、ものづくりって凄い。

 

取締役は、「ふーん」くらいの感想だったと思います。

研究所では毎年多くの特許が出ていますし、糸の絡まりなど、彼の中では比較的どうでもよいことだったのでしょう。

 

でも、このような積み重ねが『ものづくり』を支えている。

 

誰にも気が付かれないかもしれないけど、

誰かに『なかなかやるやん!』と小さく思ってもらえるなんて、

素敵ではないか。

 

2019年、私も頑張ろう!と思った瞬間でした。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

最後まで読んで下さり、本当にありがとうございます。まぁ、こんがらがる生活の絡みをとる所から、始めないといけませんが。

【おすすめランキング】
ハイレベルなシンプルライフブログガーさんばかりです
シンプルライフ ブログランキング
おススメブロガーさんが集まるサイトです
ワーキングマザー育児 ブログランキング

このブログが1冊の本に(2018年3月発売)

スポンサーリンク

6 件のコメント

  • 私もメーカ勤務です!ものづくりをしてます!
    なので、すっごーくよく分かります。
    システムですが、間近で見てると1から出来上がり納品まで見届けます。
    手作りあかんてことにならなくて良かったですね。うちの子もだいぶ手作り工作が好きになってきました。大切にしたいですよね、ものづくりの楽しさ。

    • まあ様

      そうそう、そうなんですよ!
      ちょっとしたことかもしれませんが、やっぱり技術やモノづくりには胸を打たれます。

      ところでまあさん、マネージャー昇進、おめでとうございます。
      ブログを拝見し、胸踊りました。
      これからもガンガン行ってください。
      カッコいいです!!

  •  ぽにさん、おはようございます。
    娘の3才児健診で、見事に引かっかり、病院にいかなくてはまた
    保健師から五月蝿く言われてしまうー、バッタバタしているさくらです。

     さてさて、物作りの現場にはいませんが、その作ったものを手にして
    使う立場には、います。
     日本では、物作りに関しては、細かいところまで気が利く、また有るものを真似しても
    日本独自のオリジナルぼ部分が入って、使いやすく、物持ちがよく、使っていて疲れない製品が多いと
    聞きます。
     しかし、今の日本はその作る技術をみんな海外に売り払っている状況です。
    秘術者の給料が安すぎることと、待遇の悪さが拍車をかけています。

     でも、「物作りって凄い」と思わせる人がいて、物作りって楽しいと思う人いて
    成り立っているんですよねー。
    その、物作りに関わることが出来て、ぽにさんは幸せですねー。
    その思いを大切にして、お仕事頑張ってー。

    • さくら様

      コメントありがとうございます。

      そうなんですよ。
      海外への流出や同業者への流出は非常に問題になってます。

      今、多くの企業の技術者が毎年誓約書にサインをしていると思います。

      『離職しても2年は、同業で働かない』
      とか、分野によって違うと思いますが、技術流出を防ぐための契約。
      私も毎年しています。
      でも、ゆるーい契約な部分もあるので、どこまで有効なのか、謎ですが・・

      あと、ものづくりを請け負うメーカーは、確かに給料は安いかも!
      私も、他業種にビビられる程、大したことないです。

      ははは。
      上げてくれーー

  • 初めてコメントします。他の方のブログを拝見してそこで紹介されていたのがきっかけでぽにさんのブログ読者です。いつも元気づけられてます!他の読者さんや、ぽにさんとは環境も何も共通点はないのですが、生きてく上で色々参考にさせてもらってます^^;私は技術職ではありませんが、いくつかの特許事務所での就業経験があり、企業の方はお客様として特許申請の代行などしてたので興味深く記事を読みました。事務所などとはお付き合いあったりしましたか?
    事務の仕事では、なかなか商品や技術そのものを目にすることはありませんが、ぽにさんのような技術者の方のモノづくりで1人1人の日常が快適でハッピーになれる為頑張っているという思いを改めて知れました!素敵ですね。という訳で、、、私もまた企業を支える側として事務所への再就職を頑張りたいと思った次第です!
    これからも応援しております(^-^)

    • きよこ様

      コメントありがとうございます。
      なんと!元、特許事務所勤務ですか!!
      カッコいいですねーー

      私は、残念ながら、弁理士さんや事務所の方々と直接関わることは、ほとんどないです。法務関係の部門があるので、そこが窓口となっているんです。

      でも、前に講演会で下町ロケットのモデルになった弁護士?弁理士?の方にお会いしたことがあります。
      びっくりするほどお話が上手で、引き込まれました。
      きのこさんは、そんな方々に囲まれていたのですかね・・

      再就職、素敵な職場に決まりますように。
      お祈りしています☆

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在3歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!