パートの酒井さんに完全に負けた・・と思った出来事

私達夫婦は、約7年前まで、会社の社宅に住んでいました。

時として、企業は自然豊かな広大な土地(安い土地)に研究所を建てたりします。

夫の会社もその通りでして。

研究所の目と鼻の先にある社宅に住んでいました。

 

広い 公園

利便性がイマイチなこともあり、当時、殆どのご家庭が専業主婦。

最寄り駅はとても便利とは言えない沿線でしたが、駅から自転車で10分以内の立地だったこともあり、私は仕事を続けていました。

 

社宅のコミュニティとは独特で、夫同士が職場で繋がっているため、ちょっと閉塞感はありました。

それでも、破格の家賃で提供してもらえるため(ただし、超ボロい民家)、常時20世帯ほど家族が住んでいました。

その中でも、有名な坂井さんという主婦の方がおられました。

見るからに、ドン

情報通で、主婦達を束ねている感が半端ない。

共働きの我が家はコミュニティに全く入っていませんでしたが、坂井さんを中心に焼肉パーティーが行われたり、子供同士の行事が催されていたようです。

 

坂井さんは、肝っ玉母さん。

お子さんも4人おられて、体格も大きく、押しは強いですが、カラリとした感じ。

 

焼肉パーティーの横をたまたま、

まだ子供がいなかった私達夫婦が通ると、

「ぽにさん、食べていったら~」

と気さくに声をかけてくれました。

で、いそいそとビールなんてもらってしまう、厚かましい私達夫婦でございました。

 

そんな社宅を出て、しばらく経ちます。

 

ある日、ふと、夫から坂井さんが駅前のセブンイレブンでパートをしていると聞きました。

へ~~

4人お子さんがいたら、やっぱり働いた方がいいもんね。

 

エネルギー溢れる方だから、活躍している?

もしくはちょっと個性的な所もあるから、早々に辞めちゃったり・・

と思いつつ、すっかりそのことを忘れ、また月日が経ちました。

 

坂井さん情報から3年ほど経った先日。

本当に偶然なのですが、その駅に出張に来まして、たまたま寄ったセブンイレブンに、坂井さんがいたのです。

 

「ぽにさん!分かる?坂井よ。」

ええ?!坂井さん!!

 

坂井さんは、当時はぽっちゃりオカンでしたが、痩せてメイクもきちんとしています。

 

何か、キレイになりましたね。

私はお世辞でもなく、ふとそんな言葉が出てしまいました。

 

「へへへ~ありがとう。

私、ここでパートしてるの。」

 

夫から聞いたことがありますよ。

あれは、だいぶ前だった気がするので、結構経つのでは?

 

「そうなんだ。

もうね、3年になるんだけど・・」

 

そこから、坂井さんは凄いスピードで陳列をしながら、今は、

  • リーダーをしている
  • 仕入れなども任されている
  • パートやアルバイト人材育成を任されている
  • 扶養から外れて働いている

ことを教えてくれました。

「でも、パートタイマーなんだよ。」

と話してくれました。

 

レジに人が行くと、他のパートの方の動きに目をやりながら、私に気を配ってくれる感じでした。

デッデキル・・

いや、凄いんですよ。

陳列も超早いし、無駄がない。

 

「ぽにさんは、出張?相変わらず仕事は続けてるの?」

と私との他愛ない雑談をしながらも、お店と神経が一体化している感じ。

 

本当にビックリしました。

どうやら、他の店舗にもヘルプで駆けつけるらしいです。

 

お邪魔してても申し訳ないので、そのままお店を後にしました。

 

で、思ったんです。

セブンイレブンなんて、世界一のマーケティングをしている小売業の一つです。

あらゆるメーカーの新商品がジャンジャン発売され、それが消えて・・を肌で感じながら、お店の陳列や足りない部分を補う。

この店舗ではこれはウケて、これは売れないだろうな。という感覚もダイレクトに感じるでしょう。

客層についても、事細かに彼女なりに分析しているのでは。

 

そして、

アルバイトやパートの育成をしている!?

凄すぎるやろ。

 

私が所属するザッジャパンな企業なんて、

40代後半から50代で課長になって、

やっと『部下を育成する立場』になります

 

組織が比較的安定した日本企業では、リーダーシップなど求められる機会は殆どないに等しいです。

また、やっと課長になっても、これといった権限もなく、結局はその上の部長の判断によります。

リーダーシップというよりも、雑務係の『野球部のマネージャー』的存在です。

 

坂井さんは、おそらく40代半ば。

あの様子だと、店舗を任されているのでしょう。

 

私、正社員で技術系総合職だけど、

人材育成経験やマーケット感覚は圧倒的に彼女の方が上だ

そう感じました。

 

そして、ジワジワとこう思いました。

 

いや、待てよ。

どこに行っても坂井さんならやるんじゃなかろうかと

 

目の前の仕事をこなし、周囲から信用を得て、最後まで逃げ出さずにする。

そんな印象を受けました。

 

どこで働くかも大事ですが、

どのような姿勢で働くか

 

2019年の年の瀬に、良いもの見させてもらいました。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。クリックが本当に更新の励みとなっております。

【おすすめランキング】
ハイレベルなシンプルライフブログガーさんばかりです
シンプルライフ ブログランキング
おススメブロガーさんが集まるサイトです
ワーキングマザー育児 ブログランキング

【共働きに効く?楽天ルーム】
ぽにの楽天ルーム

【コメント欄について】
申し訳ございませんが、現在、でコメント対応をお休みしております。よろしければ、Twitterにお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在4歳、6歳の育児中。 もうすぐ3人目の出産を控える。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!