「助けて」と言えることが真の強さだと、思い改めています

スポンサーリンク

前回のブログで、体調が悪いことをアップしました。

それを見た友人からも心配のメールやメッセージを頂きました。
ご心配おかけしました。

おかげさまで、土日にたっぷり休息を取りました。

家族で私の実家に帰り、父母と夫に子供をみてもらい、ゆっくりさせてもらいました。

実家近くのパン屋で、お昼はパンです。

 

幼い頃。

自分のことは自分でできることが一番良いことだと思い込んでいました。

子供たちが通っている保育園でも、「自分のことは自分でしましょう」と先生が口酸っぱく繰り返しています。長男も次男もそれに応えるべく、必死で自立する準備をしています。

学生生活が比較的長かった私にとって、自らの給与で自身の生活を賄えることは長年の夢でもありました。初めて初任給をもらった時の高揚感は今でも忘れません。
人に依存し、頼りにすることに抵抗すら感じていた時もありました。

ただ、大人になって、しばらくたった昨今。

 

自分でできることには限界があることをまざまざと感じます。
私、疲れていたみたいです。

少し、ペースダウンしても良いかと思っています。

 

お互いの実家は遠いため、なかなかヘルプは頼めません。

でも、大型連休は大いに両家に甘えることにします。

2日の夜から、夫の実家東京に帰ります。

ご飯の準備やモロモロは義母に甘えて、子供達といろんな公園に行ったり、ゆっくり昼寝をさせてもらおうと思います。

大人になったら「助けて」と言えることが、重要な生きていくすべだと思い改めています。
ご実家が近く、ヘルプを頼める方々は、強くてしなやかに生活している。

登場人物が増えると、人間関係やストレスが発生するに違いないですが、バランスを取りながら暮らしている。

上手に助けを利用できる人は、やっぱり、強い。
何か、一人であくせくして、自分だけしんどいような気になっていましたが・・
私も助けを求めながら、暮らしていきたいと思います。

 

とにかく、あと2日、平日勤務をして羽を伸ばしてきます。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

ランキングに参加しています。
上の写真にポチ下さいますと嬉しいです。

 

【トラコミュ】
あ~休みは楽しみですね
ブログ村テーマ
ゴールデンウィーク・連休・GW

ブログ村テーマ
子どもとおでかけ♪

スポンサーリンク

6 件のコメント

  • 私も子供が生まれてしばらく、自分の親にさえ「助けて」と言うことに抵抗がありました。
    でも二人目が生まれて、助けてもらわずには回らなかったので、自分でも意識して、
    助けてもらうことにしました。
    返って、子供がひとりだけだったら、助けてもらうことが上手くならずに、
    ヒーヒー言いながらひとりでなんとかしてしまいながら、疲弊しきっていたかもしれません。。

    「助けて」って言える人が強い、心の底から同感です。

    • みゆきさま

      お忙しい中、コメント本当にありがとうございます。

      確かに。
      私も子供が2人になってから、ラクになった部分が多々あります。
      それは、精神的な所以が多いような気がします。
      『助けて』ともいっぱいいっぱいになる前から言えるようになりました。
      子供1人では、もうちょっとやれる!と思ってしまっていたと思います。

      みゆきさんも育児にお仕事、大変だと察します。
      どうかお身体にはくれぐれもご自愛下さいませ。
      いつも応援しています。

      ぽに

  • 体調が悪い中のお仕事や子育て、大変でしたね。回復されてきているようで良かったです。GW後半、ゆっくり休んでくださいね。

    私は、妊娠〜出産〜子育てを通じて、
    世の中には、自分一人の力ではどうにもならないことがあると痛感しました。

    それまでは自分一人で何とかするタイプだったのですが、息子が生まれてからの夜中の1時間おきの授乳やオムツ替え、昼夜逆転でヘロヘロになって、
    あ〜、こりゃ〜一人じゃムリだ〜って、
    あっさり陥落(笑)

    親だけでなく周りの人の暖かさにも触れて、
    誰かの力を借りてもいいんだって思いましたね。

    周りには、保育園の送迎は職場が近くて毎日定時で帰れるダンナさん、子どもの複数の習い事の送迎は近くに住む実母にお任せ☆っていうボスママ(!)もいます。
    逆に、実家が遠くても夫婦でやりくりしたり、ファミサポやシルバーさんを利用したり、近場でゆるく働くママと仲良くなって協力し合っているママもいます。

    ボスママに対しては、正直、羨ましいと思うこともあります。

    でも、置かれた場所で咲くというか、
    自分の置かれた環境の中で、
    借りれる力を借りながら、
    その時々で可能な限りベターと思える選択を
    し、積み重ねていくことが明日につながるのではないでしょうか。

    子育てって何が正解なのかよく分からないし、先は長いし…。
    私自身も試行錯誤の毎日です。
    多分、我が子が家庭を築いた時か自分が死ぬ時に、思い返してみて答えが出るのかな〜?

    完璧でなくていいから、息切れだけはしないようにしようと思ってます(笑)

    いつも長文ですみません。

    • pannaさま
      コメント嬉しいです。
      ありがとうございます。

      長文、全く問題ございません!
      むしろ、pannaさんのお時間を取って頂き、恐縮しています。

      『置かれた場所で咲く』まさにその通り。
      借りれる力を借りながら日々を過ごしていくことがポイントになりますよね。
      私も沢山周りの人に助けてもらいながら、生きていこうと思います。

      ボスママさんのお話。
      何か笑ってしまいました。
      同時に『図太さ』みたいなことをサラッとできる人って凄いって思ったりします。
      行き過ぎると品格を問われますが、許容範囲内だとアイテムを一杯持っている勇者のようです。
      私の周りにもそんな方がいます。
      やっぱり、いろんな意味で一目置かれています。

      皆さんの『助けられ方』をよく見習って、私も生きていこうと思います。

      pannaさん、いつもありがとうございます!
      癒しです。

      ぽに

  • はじめまして。
    ワーキングマザーではありませんが、
    いつもブログを拝見しています(^^)

    体調はいかがでしょうか?
    長期休暇の間に、リフレッシュされてくださいね!

    お子さん、きっとかわいいですよね。
    私は子どもが好きだし、
    年齢的にも微妙な年齢になってきたので、
    早いほうがいいとは思っているのですが、
    なかなか踏み切れず。。。

    ぽにさんと状況は違いますが、
    周りに頼る人がほとんどいません。
    それ以上に、親のことでいろいろと手を取られることもあり、
    (夫のご両親には金銭的な援助が必要だったり、
    私の母は病気のためいろいろなことが私に・・・)
    夫は早く帰宅するほうだとは思いますが、受験生。。。
    私自身、もともと丈夫なほうでないうえに、
    ここ数年は特に体調があまりよくなく、
    いろいろ考えてしまいます。

    そんなとき、ぽにさんのブログを拝見して、
    頑張りすぎなくてもいいんだ。
    とホッとしたというか、とても励まされました。
    きっと、私が想像する以上に大変なことも多いのだと思いますが、
    ぽにさんのブログを読んでいると元気をもらえます。
    これからも更新を楽しみにしています(^^)

    季節の変わり目ですし、ご自愛くださいね。

    • 詩杏さま

      コメントありがとうございます。
      ここ数日で、詩杏さんのブログ、隅々まで拝見しました。

      すごい!

      どこに当たれば良いのか分からない、歯がゆい環境にさらされても、しなやかに、品よく生きていらっしゃる。
      感動しました。

      これからもブログに寄らせて下さい。

      詩杏さんのような方にコメントを頂けて、私こそ多大なる励みになりました。

      ありがとうございます。

      家計管理や資産管理、大いに参考にします。
      詩杏さんの資産が増えると、自分のことのように嬉しくなります。

      これからも応援しています。

      ぽに

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在2歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!