マカロンの悲劇ー保育園の先生に言えなかった真実ー

スポンサーリンク

先のブログにもアップしましたが、ゴールデンウィークに東京に帰りました。

私達家族を義父がデパートに連れて行ってくれるのが、帰省時のひとつの行事になっています。

マカロン売り場で立ち止まった私。

さすがに、お高いマカロンなのでチラチラ見るのみ。

(1個300円以上か・・食べてみたいな)

と思っていたら、帰宅後クール宅急便が!

そう、贈って下さったのです。

お義父さん、本当にありがとうございます。

チビチビ食べています。

 

さて、週半ばに長男の遠足がありました。

朝、少し早めに起きてお弁当を作った私。
お弁当箱は大きめとデザート用の小さいもの。

デザートデザート・・あっ!フルーツを買い忘れた。
仕方がない、今回は抜きで。

と思っていた矢先、マカロンの存在を思い出しました。

そうだ、小さく切って、入れてあげよう。きっと子供も喜ぶはず。
デザート用の小さい箱にマカロンを詰めました。

夕方、お迎えの時。

先生「お母さん、大変申し上げにくいんですが・・」

私「はぁ、なんでしょう。」

先生「お弁当のデザートに、クッキーは辞めてもらえないでしょうか。」

私「えっ」

先生「あの、クッキーはお菓子に該当するので、持ってこないでください。」

私「いや、あの、すみません。知りませんでした。」

先生「お菓子類は禁止になっています。クッキーはだめです。」

私「申し訳ございません。以後気を付けます。」

 

保育園帰りの車の中、ショボンとする自分と、悶々とする自分が。

前者は注意を受けたから。

 

後者の悶々は、

先生、クッキーではなく・・

 

マカロンです。

 

言えなかった。
この一連の流れ、明らかに悪いのは私です。
それは間違いない。

ただ、先生、
クッキーではなく、マカロンなんですよ。

・・あしからず。

 

『シンプルライフ』人気ランキングはこちらです

『ワーキングマザー育児』人気ランキングはこちらです

 

【トラコミュ】

マカロン・メレンゲ菓子大好き♪


デザート


スイーツ

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。

更新の励みにします。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

スポンサーリンク

4 件のコメント

  • たしかに!
    ショボンとしていらっしゃるところ申し訳ないですが、笑ってしまいました。

    マカロンです!!!!!

    言いたいですよね(´▽`*)

    でも言えない。
    それもまた、わかります!

    なんだか癒された記事でした。

    • romoさま

      コメントありがとうございます。
      嬉しいです。

      実は、後日、園よりプリントが配布されました。

      『お弁当の注意点』
      という題名でした。

      クッキーなどのお菓子は持ってこないように。
      プチゼリーもお菓子です。
      と。

      プチゼリーは大丈夫かな・・と思っていた矢先、この通達。

      先生はエスパーかもしれません。

      ramoさん、お弁当って、難しいです。

      ぽに

  • いやーマカロン事件楽しく読ませてもらいました。
    コメントにあるように笑ってしまいますね。(失礼)
    今後もブログ楽しみに待ってます。

    • pa-ji-さま

      コメントありがとうございます。

      本当に、お弁当とは難しいです。
      先生のご指摘は、勉強になります。

      これからもブログに寄って頂けますと嬉しいです。

      よろしければ、またコメントもお寄せ下さいませ。

      ぽに

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在3歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!