息子のニガテなお友達

スポンサーリンク

4歳児で年中クラスの長男。

保育園では、『目立って人気のある子』ではないようで、かと言って『打ち解けられない子』でもないよう。

 

個人懇談で先生に言われることは、

「何も心配ないですよ。マイペースな所はありますが、いつも誰か友達と一緒にいて、楽しそうにしています。」

とのこと。

 

次男は、完全にパーティーピーポーで、保育園に行く度にいろんな人が彼に話しかけてきます。

それこそ、近所を歩いていても、誰この子?という小学生とハイタッチをするような2歳児。

お風呂前には、クレヨンしんちゃんの「ぞうさん、ぞうさんお鼻が長いのよ~」を真似て、喜び、私と長男は笑い転げています。

我が家は殆どしんちゃんを見せていないのに、いつの間に!!

 

そんな兄弟2人なので、どうしても兄が大人しく見えてしまう私。

同じように育てているのに、こんなに性格が違うかと面白くも感じます。

泥んこ遊び

 

さて、いつものおねんねタイム。

長男は「お母さん、大好き~」と言って、抱き着いて寝てくれますが、次男はゴロゴロといろんな所を回転し、私なんぞそっちのけで爆睡。

動物のようで、面白いです。

 

一方で、長男がモジモジしつつ、私に話しかけてきました。

 

「僕な、同じクラスの○○君、好き。△△君も。××ちゃんも。」

そうなんや~良かったなぁと私。

「でもな、タナカ君は、ちょっと苦手やねん。」

そっか~~

苦手なんや。そういうこともあるよ~~

 

珍しい。

息子は、保育園のことは殆ど話しません。

プライベートと公を切り分けている芸能人並みに、話したがりません。

それでいて、別に園を嫌がっている訳ではなく、楽しそうに登園しています。

家は家。保育園は保育園。

彼の中でしっかりと区別がついているのかな。

 

我が家は駅の近くに住んでいますが、駅前の保育園は園庭も狭く、何より激戦だったこともあり、徒歩1時間以上の距離の園に、車で約15分かけて通っています。

送り迎えは正直キツイですが、自然豊な山の上にあり、夫婦共に気に入っています。

ただ、一緒の保育園の中に、同じ学区のお友達は極々少ない。

1人いるかいないか。

 

で、タナカ君。

その数少ない、同じ小学校のお友達。

 

残念。

唯一の小学校同じのお友達が、唯一の苦手なお友達。

で、息子に黙っておこうかな・・と思ったのですが、思い切って言いました。

 

「あのさぁ。タナカ君、小学校一緒やで。他のお友達は違う学校やったけど。」

すると、眠りかけだった長男が、ガバっと起きて、

 

「え!!!」

 

うん。そのはずやで。

「・・・・・」

めっちゃビックリしています。

 

そして、

 

「・・お母さん、今のなかったことにして。」

 

あぁ、タナカ君をニガテって言った件ね。

ええよ。

 

「じゃあ、シュウちゃんは?ルイ君は?」

 

残念。

ちゃう小学校や。

 

「そっか・・」

なんか、ごめんな。

 

私から、もう一度聞いてみました。

タナカ君、なんで苦手なん?

 

「えっ。そんなん言ってないで~~」

そーなん?

分かった。ほんならもう聞かへんとくわ。

 

4歳児にもいろいろあるみたいです。

 

 

数日後、クラスのみんなが写っているお手紙を持って帰ってきた息子。

受け取った私。

よく見てみると・・

 

あっ。間違えた。

 

タナカ君やと思ってた子、西野君やった。

小学校一緒なの、西野君や。

 

しまった。

間違えた。

 

ブロックをご機嫌に積み重ねている息子。

どうしよ。言おっかな・・

 

・・まっ、いいか。

もう少し泳がせておこ。

 

4歳児の人間関係もなかなか面白いなぁと思う、今日この頃でございます。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へブログランキング・にほんブログ村へ
なんだかんだでクリックは本当にうれしいです。更新の絶大なる励みにしますので、応援してもらえると狂喜乱舞します。

【おすすめランキング】

シンプルライフ、すごい人ばかりで・・いやはや
『シンプルライフ』人気ランキング

泣いて笑って、ワーママは生息中です
『ワーキングマザー育児』人気ランキング

このブログが1冊の本に(2018年3月発売)

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 笑いました!!!ち、違う人ーー!?笑
    とはいえおともだちの名前の覚え違いは母あるあるだと思っていて、私もよく間違って娘に怒られます。
    「なんで知らんのん!?」と。担任の先生の名前を覚え間違えてるあんたに言われたくないよ、と。
    話がそれましたが、息子さんは4歳にして、気が使えるというか、思慮深くって大人なんですね!
    ほんとに同じように育てたつもりでも姉妹や兄弟って性格が違うからおもしろいですよね~

    • こいし様

      いつもコメントありがとうございます。
      いや~~兄弟の性格の違いは面白いですよね。

      お友達の名前、間違えまくりです。
      ごめんねごめんねですよ。
      こいしさんもそうだと伺って、勝手に安心(笑)。

      余談なんですが、本当に西野くんとタナカくん、そっくりなんです。
      私、タナカくんに、「西野くんだよね?」とか聞いてしまったくらい。
      子供達は本人のキャラだとか雰囲気だとかがプラスされて、識別が容易かもしれませんが、大人は・・チラッとしか見ていないのでよく間違えます。

      もーごめんの連続です。
      これからは、注意します。
      あーでも、たぶん無理だ。
      似すぎです。。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在2歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!