運動会で思うこと、徒競走とその結果と

スポンサーリンク

先日、運動会がございました。

 

昨年の運動会。

長男の徒競走をみて、そうか・・と思っておりました。

【ともばたけ】【保育園】

我が子の徒競走での順位で思うこと【4月から始めた体操教室の成果はいかに?】

 

今年も、ガチで競争させる我が保育園。

 

徒競走の練習も毎日していると先生から聞きました。

長男も頑張っていると。

今年は何位になるかな?
運動会 空
曇り空の中始まった運動会。

 

「よーい、ドン!!」

 

一斉に走り出した5人の子供。

 

カーブを曲がる、1位が飛び出し、後続がつづく。

頑張れーー!!

足があがる。前へ進む。

 

順次、ゴール!

 

今年も、長男は・・5位。

べべでした。

 

よく頑張った。

 

障害物競争も・・出だしは3位くらいでしたが、途中で抜かれ、最後にゴールしました。

うんうん。

 

厄介なことに、うちの子は、極度の負けず嫌い。

すっごい悔しそう。

悔しすぎて、1周回って、へらへらしている。

分かる。

悔しいのが染み出てるよ。

 

何もできない母の私は、見守るしかない。

あなた達の世界をただただ見守る。

自分が子供の時を振り返ると、人間関係や、足の速さ、彼らが彼らの時代に『大切』だと友人間で感じていたことを親がどうにかできるわけではありませんでした。

そこは、自分で切り開き、揉まれ、成長して欲しい。

 

年中組になった長男。

今年は組体操にも参加するよう。

キビキビ動き、堂々としつつも、時々ヨロヨロするその姿に思わず笑ってしまいました。

 

一方で、つい最近まで0歳児だったのに・・歩くこともできず、つたい歩きの合間に私が見えなくなると、ギャギャー泣いていたのに。

保育園行くの嫌だと言って、大変過ぎてノイローゼになりそうだった日々もあった。

 

笛が鳴るたびに所定の位置に着く息子。

 

大きくなったなぁ~と胸が熱くなりました。

 

気が付くと涙が流れてしまいました。

いかんいかん。

親になるとなんと涙もろくなるのだ。

 

最後の競技、年中年長合同リレー。

 

なんと、うちの子が第一走者に!!

緊張しているのが分かる。

 

よーい、ドン!!

 

直線を走り、カーブを勢いよく回る。

 

いけーいけー!!

今のところ、4組中3位。

直線で、競り、抜かれた!!

 

4位か?

 

と思ったら、あっ!!

1位の子供がこけた。

 

その子は必死で立ち上がり、最後のカーブを曲がり切る。

頑張れ!頑張れ!!

 

もう、息子がどうとか関係ない。あの子もこの子も頑張れ頑張れ!!

結局、リレーは盛り上がりまくり、4組が抜かれたり抜き返したり、観客席とも距離が近く、非常に盛り上がりました。

 

やっぱり、涙が出てしまいました。

 

運動会っていいなぁ。

 

来年は長男保育園最後の年。

楽しみのようで、来てほしくないような・・

 

今年はハンドタオルでどうにか誤魔化した涙でしたが、来年はバスタオルが必須だわ・・と曇り空のかすかな青いところを見上げるのです。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
そうそう、次男ですが、持ち前のパーティーピーポーを存分に発揮し、ノリノリでダンスをしてました。来年は彼もトラックで徒競走。これまた楽しみでゴザイマス。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

【おすすめランキング】
ハイレベルなシンプルライフブログガーさんばかりです
シンプルライフ ブログランキング
ワーママの皆さま、必見ですよ
ワーキングマザー育児 ブログランキング

このブログが1冊の本に(2018年3月発売)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在3歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!