久々の発熱は、『ここぞ』という日でした

40℃を越える熱。

暑くて何も飲めないとうなる長男。

「大丈夫、大丈夫だよ」と言いながら、余裕のない親の私。

 

「飲まないとしんどいよ。大きい注射が必要になるよ」と脅し、無理やりos1のゼリーを飲ませる。

寝返る。

ピクッ、ピク

少し腕が痺れているのか?

ん?これは、

熱性けいれんかもしれない。

 

**********************

家庭菜園 トマト

家庭菜園のトマト、順調です。

子供達が5歳、3歳になり、昨年くらいから保育園の呼び出しが劇的に減りました。

昨年度の呼び出しは二人合わせて『0』

 

奇跡に近い・・

我が家にも、ついに、そんな時代がきました。

朝の時点でお熱が→お休みは2回ほどありましたが、助かっています。

 

体調不良による子供の呼び出しって、親は精神的に消耗します。

あぁ、小さいのに預けてしまったからかな・・

仕事も家庭も、育児もぜーんぶ中途半端。

どうしよ・・

 

何度もこのループにからまり、抜けられなくなる時ばかりでした。

夫とも、『あなたが明日は休んで』とケンカした日も多々。

 

その中でも、次男の異常なる『保育園好き』、『休まない』精神には助けられています(長男はつい最近まで4年間保育園に行きたくないと言い続けた猛者です)。

救急に駆け込んだ後にも、保育園に行く・・とつぶやいた次男。

過去記事:2歳の息子、椅子から転倒、早朝救急に駆けつける【旦那、海外出張、ワンオペ時の現実】

 

次男は、生後0か月でRSのために3回入院しました

ブログ記事にはしたことないですが、これは超絶大変でした。

RSはイロイロこじらせると聞いていたのに、何事もなかったように生後2ヵ月くらいから成長曲線の上部をブッチギル息子には感謝です。

 

さてさて。

我が家はこの3連休、毎年恒例の友人とのキャンプ。

かれこれ、独身時代から10年以上続けている、『夏の恒例イベント』

同世代のお友達も沢山くるので、息子達も楽しみにしていました。

 

それなのに、

関西エリアは3連休、シトシト雨

熱中症が気になるくらい猛暑の年もあるので、その点は悪くないか。

何とかテントを張ったり、雨の当たらないエリアで遊んでいました。

 

4時頃、早めに皆でお風呂に入ろうとしたら、長男が車でギャン泣き。

訳も分からず、パニックになって泣いているよう。

めずらしいな・・眠いのに、お風呂だからかな・・

と思って、身体を触ると・・

 

アッツ!!

いや、もう、猛烈に熱い。

なんじゃこりゃ。

 

夫と友人達にはお風呂に行ってもらい、長男は毛布をグルグルにして車で一緒に待機。

何故か、お風呂への移動だけで寝てしまった次男も一緒に待機。

 

たまたまですが、キャンプ場は、私の実家から高速道路で20分の距離。

両親に頼んで、子供+私で泊まらせてもらうことに。

余談ですが、私の母は足を悪くしてしまい、まともに歩けない状態。

申し訳ないですが、緊急事態なので甘えさせてもらうことに。

 

長男、完全にグッタリ。

ご飯も食べられないし、飲み物も口にできない。

お熱を測ると40℃越え

これはまずい。

念の為に実家に置いていた、解熱剤の座薬を入れても、嫌がり、フラフラになりながらトイレで出してしまう。

 

1時間半に1回、OS1のゼリーを飲ませ、何とか水分を摂らせます。

11時頃・・母と様子を診ていると、寝返りと同時に長男、震え出す。

 

熱性けいれんかも

いや、寒さによる震えか。

母が、冷静に時間を計る。

1分足らずで、手足が痺れている感じ。

親の私には永遠に感じる・・

 

顔がガクガクする感じはなし。

私自信もよく、熱性けいれんを起こし、年の離れた妹のそれも何度も診ていますが、軽い感じか。

母「しばらく、様子をみようか。続くようなら救急に駆け込もう」

私はほとんど寝ない状態で、息子の傍によりそいました。

 

夜中も1時間半ごとに起こし、水分補給。

トイレについていったり、フラフラでしたが、何とか朝がきました。

 

朝、熱37度台

 

よかった。

そのまま、朝ごはんも比較的食べ、キャンプ場に残った夫を迎えに行き、いつもより早くお家につきました。

 

もう峠を越えたと思っていた、急な発熱でしたが、

まだまだ、すぐそばに起こる日常でした。

 

気を付けないとな。

と思ったと同時に、子育てって、本当に何が起こるか分からないな。

と身に沁みました。

 

安心し過ぎずに、見守っていきたいです。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。クリックが本当に更新の励みとなっております。おかげ様で、3連休最終日はグッとお熱が下がり、元気になりました。皆さまもお身体にはくれぐれもご自愛くださいませ。

【おすすめランキング】
ハイレベルなシンプルライフブログガーさんばかりです
シンプルライフ ブログランキング
おススメブロガーさんが集まるサイトです
ワーキングマザー育児 ブログランキング

【共働きに効く?楽天ルーム(夏バージョン、続々更新中!)】
ぽにの楽天ルーム

2 件のコメント

  • こんばんは。発熱は不幸中の幸い?のタイミング。翌日には下がって何よりでした。
    まだまだ気は抜けないけれど、翌朝熱が下がっているなんて少し前に比べたら信じられないほどの成長ですよね^^
    ところで、うちの娘も生後4ヶ月でRSウイルスに感染して入院しました。熱性けいれんからの入院だったためRSウイルス以外のリスクの検査も入り本当に大変でした。36週に1日足りない出産で体重も少なかったためモノクローナル抗体の注射(RSウイルスにはワクチンがないため)も無料で受けましたが全く効かず。生後4ヶ月でも戦慄が走るほど大変だったのに、0ヶ月ではどれほどだったかとお察し申し上げます。

    つらつらとコメント続けて申し訳ない感じですが。。
    私も学生時代DNA扱っていました(植物でしたけれど)。まだ、電気泳動にP3を使ってDNAの配列を同定するという非常に危なっかしい時代でした。研究室に始めてPCRが入ったのも目撃した記憶が。。年がバレますね。
    研究者のセンスがないことを早くに悟ったので研究職で就職したものの早々に足を洗って今は購買です。実務だけではなくマネジメントもきちんとしたいと思いますが色々課題は多く日々試行錯誤です。お互い諦めず頑張りましょう〜。

    • しまうま馬車

      おぅ…後半の内容が印象的過ぎて、もう質問責めしたいくらいです。
      シーケンサーではなく、電気泳動で同定。
      なるほど。
      なかなかの手法でございますが、研究室による投資の差も大きかったこの時代。
      PCRは高級車が買えるほど高く、関連試薬、特に酵素は神々しく思えたこの時代。

      しまうま馬車さん、今、PCR安くなりました。
      当時と比べて、下手したら10分の1くらいですかね。特許が切れたのが大きいみたいです。

      そして、私はセンスもテクニカルもダメダメなのに、何故か現場におります。
      でも、この下手くそなお陰で、いろんなものを自動化させております。
      きっと、上手かったらこうはいかなかった…
      不器用で、グータラな部分が功を奏しました。
      今のところ。

      もっとお話ししたいですが、マニアック過ぎるのでこの辺で。
      あと、私もそろそろ足を洗おうかと思っています。
      いままでやってきた技術は、全部ロボットで片付く時代になりそうです。
      購買関係にいかれて、正解だと思います。
      絶賛、次の道を模索中の私からすると、凄い良い選択だと思わずにはいられないです。はい。

      長々とすみませんでした。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在3歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!