時短勤務をどうとるか?復帰して諦めた3つのこと

スポンサーリンク

先に言っておきます。

フルタイム勤務の方は神です。

凄すぎます。

 

私は独身時代も、数年のDINKSの時も、仕事が『スムーズで快適』という時期はございませんでした。

 

当時、朝起きて、夜寝るまで頭の中は仕事が占めており、正直、いっぱいいっぱいになっていました。

業務が少しでも滞りなく進むよう、1時間前には出社し、プラス残業。

技術系総合職として認めて欲しい。

そんな気持ちが私の原動力になっていたと思います。

 

待望の1人目妊娠。

出産・復帰、比較的すぐに2人目を授かり、出産・復帰。

現在まで時短勤務です。

 

選んだ理由は、

単純に、フルタイムで復帰するスペックがなかったから

 

家事能力、仕事能力、精神面も含めた体力。

揃えられないなぁ・・と思ったため。

 

フルタイムで働いていた頃と同等のパフォーマンスに、子供のお世話が加わると、私は完全にパンクする。

共働きとしての条件も厳しい。
植物 オシャレ

両家の両親は遠方、完全核家族。

旦那は国内外への出張も多々。

保育園の送り迎えは私。朝は完全ワンオペ。夕も旦那帰宅までワンオペ。

週に1回程度の新幹線を使って西へ東への出張。

キツイ・・

 

優先すべきことは何だろう。

もちろん、子供が第一。

 

その他は?

夫婦で相談した結果、我が家はどんな形でも、

長きに渡り共働きをしよう

 

という認識を共有することにしました。

それには無理のない労働計画で。

まずは、時短で戻って様子をみようかとなりました。

 

さて、

時短だからこそ、諦めた点が3つございます。

  • フルタイム時と同等の給与
  • 昇給や評価など、よく見られたい欲
  • ラクに成果が出るオイシイ業務を担当すること

 

上記は断捨離しました。

特に、査定や評価は今は低くてもいいと腹をくくり、私の時短によってシワ寄せがいっている方々を評価してくれと上司に直訴しました。

突然の早退などで、迷惑がかかる同僚達とは常にコミュニケーションをとり、『人に引き継いでもらえる』ノートの取り方や仕事の仕方に切り替えていきました。

 

当初、仕事のペースは格段に落ちました。

モヤモヤする自分がいました。

 

しかし、これを続けていると・・なぜか、

今までよりも仕事がやりやすくなりました

 

子供が産まれる前の方が、シャカリキにフル回転で働いました。これは絶対。

 

だからこそ、ノート取りや細部に関して、記載していなかったり、小さな報告をしないこともありました。

次の日休む確率も低いので、リカバーできるでしょという気持ちからです。

 

一方、復帰後は、いつ早退するか分からない立場。

引き継ぐ準備は、必須事項となっています。

 

あれもこれもと欲張っていた自分も捨てました。

何でも屋を辞めたおかげで、専門性もついたような気がします。

 

私の場合は、時短により失ったであろうこともありますが、

時短という選択肢によって、初めて抜本的に見直したこともありました。

 

性格上、フルタイムで復帰していると、以前の自分の働き方、バリバリ働く男性陣との乖離に悩んだと思います。

もちろん、そんなの気にせずに子供がいるんだし、ペースが下がってもいいじゃん!と思う方もおられるでしょう。

でも、私はチキンな所がありまして・・やっぱり周囲に悪く見られたくない、弱い人間です。

 

現時点での結論は、時短で戻って良かったとなりました。

 

では、皆が時短を取るべきか?

他の会社の方や、自社でもいろんな立場の方々がおられるので、『時短を取ったらどうか』というのは、あまりに楽観的過ぎるアドバイスかなぁとも思ってしまいます。
取ることによって、周囲からの圧迫や、厳しい評価基準など、違うストレスがかかる方もおられると察します。

 

そんな私も会社規定の時短リミットが近づいてきました。

もうじき、ワーママ最難関のフルタイム勤務に突入します。

どう乗り切るか?

また、違う切り口での工夫が、必要となりそうです。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

フルタイムか・・ブルブル。その時も本ブログを続けたいと思っています。クリックが本当に更新の励みとなっております。

【おすすめランキング】
ハイレベルなシンプルライフブログガーさんばかりです
シンプルライフ ブログランキング
おススメブロガーさんが集まるサイトです
ワーキングマザー育児 ブログランキング

このブログが1冊の本に(2018年3月発売)

スポンサーリンク

7 件のコメント

  • ぽにさん、おはようございます!
    雑誌にてぽにさん拝見いたしました〜。
    もうお会いした気になってます!
    私も昨日考えてました。
    フルタイムで、帰宅が20時頃の
    ママさんのスケジュールって
    どんな感じなんだろうと。
    知りたい方、たくさんいてると思います!
    どちらも体験して、どう乗り切るか
    ぽにさんと共有したいです。

    暑くて倒れそうですが、
    夏も乗り切りましょ。

    • まあ様

      いつもコメントありがとうございます。

      ははは。
      会った気になってくれましたか。
      いやーーー。
      よく『なんか、どこかで見たことある顔』って言われます。どういう意味なのでしょう。
      ともかく、期待はずれの外見でお許し下さいませ。

      さて、迫ってきましたよ。
      フルタイム勤務。

      私達は夫婦は震え上がっております。
      クワバラクワバラ。。

  • ぽにさん
    はじめまして(^_^)v
    いつも拝読しております。
    3人目育休中の3児のワーママです。お部屋の様子や、時短家事、仕事ぶりなど、尊敬するところばかりで、励みになっています。
    私は時短勤務したいけれど、現実的には難しい職業で、2人目育休明けからもフルタイムで働いていました。(3人目悪阻時期は地獄で、職場にも本当に迷惑をかけてしまいました)
    実の親は、母が介護必要人、父は今年他界したので頼れず、旦那だけが頼りです。(姑さんは近くにいますが…気まぐれでピンチな時助けてもらうのが難しいです(T . T))
    こうやってぽにさんの働き方や子育てのブログを読んで、マルチタスクが苦手なので全部が全部、真似できませんが本当に参考になっています!
    体調崩されたとのこと、少しはゆっくり休めましたでしょうか?これからもブログ楽しみにしています。月並みな言葉ですが、頑張ってください(*^_^*)チャント買いに行きまーす(*^_^*)

  • ぽにさん、久しぶりにコメントします。
    近頃いろいろ忙しく、ブログもまとめて拝見したところです。相変わらず頑張ってるぽにさんには、本当に頭が下がりますm(_ _)m
    そして、ぽにさん今のところ私の1つ下ということを知って勝手に親近感倍増してます!でも来週には、ついに十の位が1つ増えてしまうのです…キャーッ(=o=;)私の若かりし頃の人生設計ではもう中学生くらいの子供がいる予定でしたが、現実は、6歳3歳…。まだまだですね!
    さて、ぽにさん、フルタイム復帰、旦那さまと二人きりでは、本当に大変だろうと想像します。ますますいろんな技を駆使しながらの生活になりますよね。どうか無理せず、時には公的な育児支援のようなものに頼ったり(私が住んでる地域には子育て経験のある年配の女性たちが市に登録して、育児支援をしてくれるサービスがあります)、とにかく身体を大事にして、慣れていってくださいね。
    我が家事情は、お伝えしたとおり実家がすぐ側なので、フルタイム何とかやれてますが、夫が毎晩午前様近くの帰宅、週末も出勤が増えて、なかなか大変。じじばばが健康だからこそ成り立つ生活です。もしも何かあったら、私には全く、技(時短とかワーママが身につけておくべき工夫や技術)が身についていないので、本当にヤバイです(¯―¯٥)それなのに最近、3人目が欲しい病にかかっています。夫は二人で十分派で、不妊治療して一人目は授かったこともあり少しも考えていないので、私は言い出しづらく、一人なんやかんや考えてしまうこの頃です。まだ誰にも打ち明けることができない想いで、今言葉に出せて少しスッキリ(^^)叶わない夢かもしれないけれど、想うことくらいは許されますよねっ
    また長くなってしまいました…しかも関係ないことまで。スミマセン。
    ともばたけは、好きです。ぽにさんファイトです!

    • あきへい様

      コメントありがとうございます。
      お忙しいのに長文、ただただ嬉しいです。

      そして、もうすぐお誕生日でございますか。
      おめでとうございます。
      おおーー。我が旦那と同い年ですね。

      そして、3人目が欲しい病。
      はーいはーい!!
      私もです。
      欲しいです。かれこれ、1年ほど頑張っているつもりですが・・
      芳しくないです。
      私は、旦那にも言って、周りにも言いまくっていますが、『えっ・・大変過ぎない?』と呆れられています。
      義理のお母さんからも、無理しないでーーと止められている様子です。
      でも、希望は捨てずにいますが・・
      上の2人とも少し年が離れてしまっていることにもちょっと焦っています。
      私は妹が6歳違いなのですが、幼少の頃は遊んだという記憶よりも、遊んであげて大変だったという記憶が濃いです。
      2歳上の姉は、ほとんど一緒に過ごした記憶がないと。

      ただ、今は8歳離れている姉と妹の方が、私よりも仲良しです。
      人生は長いので、どうなるかは分かりませんよね。

      なんだか取り留めなくてすみません。
      コメント本当にありがとうございます!!

  • フルタイム復帰、大変そうですね。体を壊さないようにどうか気をつけて下さいね。喘息もお大事に…。
    最近私は7:30出勤19時帰宅で、家事100%負担ですが、倒れかけたので「このままではもたない」と思って家事を合理化することにしました。
    具体的には、掃除はルンバ、洗濯はドラム式洗濯機、料理はホットクック、皿洗いは食洗機、買物は生協の宅配、庭の手入れは外注、です。特に同じくフルタイム核家族の友人に勧められて買ったホットクック(2.4リットル)の導入は革命的で、ビーフシチューでも肉じゃがでも豚バラ大根でも寝てる間に作ってくれます。材料を切るだけなので、料理の手間が10分の1になった気分です。
    使い方は勝間和代さんのブログを参考にしながら適当にやってます。

    • サイボーグさま

      お久しぶりです。
      お元気でしょうか。

      私もたまたま参加した勝間和代氏の講演会にて、ホンダホットクックの素晴らしさを伺いました。
      しかし、残念なことに、我が家は旦那も含めて、『煮物』があまり好きではないようで。
      最近作った肉じゃがは、私だけが食べていました。

      導入には、まず子供達の偏食を治さないといけないようです。クーー。

      そう、家事の合理化は必須ですよね。
      私は絶賛奮闘中です。
      フルタイムはまた見える世界が違うと思いますし、恐ろしさも感じますが、続けられるだけいこうかとも思っています。

      またコツがあれば、是非教えて下さい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在2歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!