昇級試験に、今年も呼ばれませんでした

サラリーマンは初めて配属された場所で、その後のルート、すなわち、出世が決まる場合がある。

日本文化をガチガチに引き継いだジャパニーズ企業なら尚更。

おもちゃ
 

*************

入社後、研究所のマニアックな部門を約5年、その後、今の技術部署に異動し、約10年。

確かに、育休は2回取得しました。

でもね、

そろそろ、お呼ばれしても良いのではないか。

昇級試験に

 

同年代の人達がプレ管理職、もしくはプレ・シニアエキスパートとしての研修に呼ばれます。

今回、決して、早い訳ではない。

適齢期というやつです。

ドキドキしていた夏の終わり・・

 

今年も昇級試験に呼ばれませんでした

ガーーーン

2年前から、「今回、呼ばれるかもよ」と言われていましたが、

またダメでした。

【過去記事・ともばたけ】

見ている人は見ている。人事評価、やるやん!のお話。

↑昨年、主任が昇進しました。

 

なんでだろ。

何がダメなんだろ。

 

出世は考えていません。

と思っていました。

 

今回、昇級に呼ばれなかったことを会社の先輩に少し相談しました。

「え・・まだ昇級してなかったの?

信じられない。

こんなに結果も出して、案件自体も注目されているのに・・

でも、ぽにちゃん、出世に興味ないんでしょ?なら、いいじゃない。」

もっともらしいご意見を頂きました。

 

そうかもしれない。

でも、ちょっと違うかな。

うちの会社では、昇級は出世というよりも、評価の積み重ねの部分が色濃くあります

 

『出世しなくても別に良い』と『評価されなくて良い』は似て非なるもの

前者は、社内の政治的な問題で、個人の努力や云々よりも、その会社の流れや上からの『気に入られ方』が強く効いていると思います。

後者は、比較的短いスパンでの結果に対して、数字として確証できたり、目標に対する達成度合いを鑑みて、〇、✖を付けられる。場合がある(気に入られ方もあるが・・)。

 

まぁ、厄介なことに、以下の場合を除いて。

  • 元々部署の権力が社内で弱い
  • 部署で評価される人数が決まっている(ようだ)
  • 部署長が4月から新しくなった

・・あかん。

全部、私やないか。

 

で、この春、人事考課において、思いっきり、罠にはまった私。

人事査定シリーズ①ガッカリした人事査定について【初めて上司に物言いをしました】

人事査定シリーズ②衝撃の展開、人事査定が変更された件【0.16に込められた想い】

 

そう、私もやっぱり必死なのです

 

もう、出世したいガツガツしたヤツと思って下さいな。

認めらえたいし、給与も上げて欲しい。

頼むわ。

 

去年、呼ばれた主任も、育休2回取得してるわよ。

そろそろ呼んで頂いても、ようござんす。

 

今年はきっと・・と思い、総務からのお誘いメールを心待ちにしていました。

 

しかし、8月下旬になっても、お声がかからない。

・・ん?9月の仕事の予定が埋まりつつある。

早く知らせてくれないと、困るんだけど・・って思っていました。

 

はい、呼ばれませんでした

アホのうぬぼれでございます。

はぁ~

で、

誰がよばれたんや(血眼)!

 

こんなことをしても、落ち込むだけなのですが、今回呼ばれている人達を調査してみました。

同世代~後輩にシフトしていました。

 

比較的、早くに呼ばれているな・・という人は、

花形部署でした

 

だよね~~

はぁ。

そして、呼ばれた人達は、私がプロジェクトリーダーをしているメンバーだったりする。

要するに、後輩でございますよ。

なんだよ。それならあなた方がして下さいよ。

プロジェクトリーダーは、『昇級試験に受かっている人』が社内的に適任だとお達しもありました。

リーダーの私、試験にすら、呼ばれていない~(大泣き)

 

なんだよ。

こんなに雑用や調整、ゴチャゴチャ言われて、

プロジェクト自体を何とか軌道に乗せて、

本業でも結果を出して・・

 

昇級試験に、呼ばれない。

給与も上がらず。

 

・・これが令和のサラリーマンの現実ですわ。

さ、今日も出社します。

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。クリックが本当に更新の励みとなっております。

【おすすめランキング】
ハイレベルなシンプルライフブログガーさんばかりです
シンプルライフ ブログランキング
おススメブロガーさんが集まるサイトです
ワーキングマザー育児 ブログランキング

【共働きに効く?楽天ルーム(夏バージョン)】
ぽにの楽天ルーム

12 件のコメント

  • 報われないですね、、
    毎朝出社するのでさえ必死に子供預けた上で業務に取り組んでいるのに。
    幼児期を育てる母親は企業にうまく搾取されてるように思えてならないです。
    幼児期、小学低学期が過ぎ去ったら三行半だわ!って私は思ってます。

    • さとっち様

      コメントありがとうございます。
      「三行半」・・笑いました。
      確かに。
      搾取されている部分、本当に多いと思います。
      それなのに、先方は「置いてやっている感」を醸し出していたり。
      こういう所を解消しない限り、溝は深まりますよね・・

  • 今日もお疲れ様でした~!

    私は育児とフルタイムの両立が困難で同職種のパートタイムに切り替えたのですが、全く同じ仕事をしているのに意見が上にあげられないとか、上司がどんどん年下になっていくとか、ありすぎて…。
    自分で決めたことなのに時々やさぐれてしまいます。

    おいしいものでも食べて、おうちでクダ巻いて(←これは私)、また笑って朝を迎えましょうね。

    きっと、見てる人はちゃんと見ててくれます。
    何よりも、後姿をしっかり見ててくれるのはわが子です!
    子どもが職に就くときには、もう少し良い環境になっていたらいいなあ。

    • RURU様

      コメントありがとうございます。
      RURUさん、見ている人は見ていますよ!!

      私の憧れは、パート社員の先輩です。
      精神的にも頼りにしていますし、大好きです。

      RURUさんの頑張りは、お子さんはもちろんのこと、絶対誰かが見ています。
      何だか、月並みのことしか言えませんが・・

      もう少し良い環境・・そうですね。
      その日を信じて、進んでいきましょうか。

  • 分かります、私もぽにさんと同じです!
    昇格しなくていい、昇格に興味がないからそのテーブルに乗せてもらえなくても平気だということではないんですよね。
    乗せてもらえるという前提があって、乗るか乗らないかを選択する、もしくは今乗るのか見送るのか、選びたいのであって。
    うちの会社はここ3年ほど前から、若い子達のガッツが違います!
    私の年代は、いかに家事育児と仕事を両立させるかというところで頑張ってましたが、平成の子らは育児しながらいかに昇格するか、というところに視点があるので、頼もしくもあり追い越されそうでヒヤヒヤもします…。
    ITリテラシーなんかは比べ物にならないほど差があるので、私ならではの営業ってなんだろか…と悩む日々です。

    • さつこ様

      そう!それ!
      さけびましたよ。
      選択させて頂けない出ようか・・ですよ。

      若い人のガッツや優秀っぷり、分かります。
      企業も本気で長きに働く人材を取り始めた感があります。

      我々の世代は、辛抱の時期かもしれませんね。

      でも、さつこさんなら、そこに楽しみを見出せそう・・
      期待しております。

  • 典型的な日本企業のお作法が分からないでコメントしてますが、昇級するかどうかはシンプルに「昇級したいです」という意思表示がスタート地点というわけではないのでしょうか?その上で昇級に必要なことはこれとそれとあれ、ということを上司とすり合わせるのが第二ステップなのかと思っています。呼ばれる基準も明示されず昇級試験に呼ばれるか呼ばれないか、ただ受け身で待つしかない、というのが真実なのでしょうか。
    私は「何とかプロジェクト」といったプラスアルファの業務は、昇級に必要なコンピテンシーXXを証明することになるのでやりましょう、という握りを上司としてからでないとやりません。業務に対する意味づけですね。面倒な部下と思われたとしてもそれをきっちりやりますし、それを良しとする組織風土です。
    あんまり理不尽だったら転職するのもありだと思います。

    • mina

      コメントありがとうございます。
      仰る通りでございます。
      シンプルな意思表示を「アンニュイ」にさせる、「結構です文化」と言いますか、
      状況によって、その「結構」って、no?yes?自分でお考え下さい。というメンドクサイところがあります。
      特に社内では。
      ザッツ日本企業です。

      会社によっていろんな風土があるんですね。
      minaさんのご意見、非常に勉強になりました。
      ありがとうございます。

  • はじめまして。
    自分のことかと思って、思わずコメントしてしまいました。
    私も2回育休を取得し、ここ5年は時短勤務しています。それでも、限られた時間内で企画を提案し、プロジェクトを担当したりで、4年連続で社長賞を取りました。けど、なぜか昇級しない。そして、部長に呼ばれ、言われたのが、時短取ってる人間は評価できないと…。
    あー、そうですか。限られた時間で成果を出すよりも、フルタイムで働くことの方が価値があるんですね、と脱力しましたね。
    長々と失礼しました。もう、ほどほどに仕事しようと開き直ってます。

    • asuka様

      すごい!!
      私なんかよりもめちゃくちゃ優秀ですね。
      それなのに・・時短で評価なし。
      これは、いかがなものかと思います。

      これが、「介護で時短」とかなら、違ったのかな・・
      とか思ってしまいます。
      所詮人事も人が決めているので、「幸せな時短」ならプレゼントとでも思っているのかな・・と斜めから見る自分がいたり。

      ほどほどで仕事を繋ぐって、大事ですね。
      それでもasukaさんは優秀だと思うので、全然いて欲しい人材ですよ。
      無理し過ぎずに、貴方のペースで。

  • はじめまして。いつも楽しく読ませていただいています。自分の事のようで思わずコメントしてしまいました。「子育て中だから」「女性だから」というだけで、評価制度が曖昧な日本型企業では不利だったりするんですよね…。
    私は、育休復帰後にマミートラックな部署への異動、時短勤務を取っていることもあって同期後輩に遅れをとっています。でも、表彰されたりしましたし、時間当たりの生産性については自信を持ってやっていました。
    もうやってられない!という気持ちになり、転職も視野に入れましたが、転職するというリスクを取れるくらいなら何でも出来るのではないか、という境地に至り、全力で上司に自分の成果アピールと出世したいです、という意思表示をするようにしました。
    まだ、道の途中ですので結果は出ていませんが、確実に上司たちの私を見る目や仕事の振り方が変わりました。諦めずに頑張ろうと思います。
    ぽにさん、きちんと成果出されているので自信を持ってアピールしてください!応援してます。

  • 令和のサラリーマンワーママ、まだまだ現実は厳しいですね。私の会社は、役職につくにあたり、泊まりの研修があります。子供2人、私にはハードルが高いです。それでも私は、やるからには上を目指したい。できうる中で、力の限り上を目指し努力の日々です。家庭を犠牲にはできないけれど、自分の気持ちも大事にしたい、日々葛藤ですね。明日から、職場復帰です。ぽにさんの様な、仲間がたくさんいることを感じながら、走り続けます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在3歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!