名ばかり店長の末路 -あぁ無常。サラリーマンエッセイー

ザワザワ。混雑するファーストフード。

スタッフ達はあくせく働きます。

 

バックヤードと現場を行ったり来たり、ひたすら雑務をこなす中年女性。

周りのスタッフが話しかけます。

名ばかり店長

「店長!棚卸の数字が合いませんが・・」

「店長。研修会の日程調整、お願いします」

はいはい~~と言いながら、おばちゃん店長は必死に仕事をこなし、お店を回します。

 

ただ、彼女は気が付いています。

自分が、いわゆる『あれ』であると・・

 

****************

 

昨年の春。

何度もブログで紹介していますように、私はあるプロジェクトに召喚されました。

初めて、リーダーとして。

会社の部署間を横断するその企画は、プロジェクトリーダーの上に、近い将来、会社のトップ集団になる中堅の方々が監査役?相談役?として鎮座しています。

 

将来トップの方々は、そんなに汗をかいている訳ではない。

調整や雑用、泥んこになってやってるのはリーダーとその周り。

 

でも、役員会での進捗報告や表舞台に立つときに、スッとやってきます。

そして、私は彼ら成果と発表内容を提供します。

 

そう、何が言いたいのか?

私は『名ばかり店長』なのです。

名ばかり店長

この半年ほど、いろんな会議に出たり、日程調整をしたり、難しい方のご機嫌を取ったり、何だかんだプロジェクト関係で動いてきました。

確かに、今まで分からなかった『会社の動き』が分かるようになり、目から鱗の部分は沢山あります。

しかし、自分の部署の足元の仕事がかなりおろそかになり、同僚達には迷惑をかけてしまった所もあると感じます。

 

役職もない、ペーペーサラリーマンなので、自分がした成果などは、上の成果になる。当たり前でございます。

 

「でもさぁ、ぽにさんの場合、その将来トップ達は直属の上司じゃないよね。今回の動き、頑張っても評価対象になりにくいよね。」

同僚からの一言。

そうです。

その方々は、全く違う部門。

技術関係者でもなく、私を評価対象にしない。する権利がない。

すなわち、美味しいところだけ、スッと取られてる感、半端ないのでございます。

 

いやいや、大きくみて、

社内政治のために・・と思う方もいるかもしれないですが、それはある程度役職が付いている人の意見。

ペーペーは、ほぼ関係ない。

技術系のサガか、私自身、出世したい意識は非常に低い。

うーむ。

 

中堅に差し掛かるもどかしさと、

技術系なのにオールラウンダーを求められる葛藤と、

将来トップになる方々の無茶ぶりに、

この半年ほど、潰されそうになりました。

 

そして、外資系でもない、ザッ日本企業は所詮、上司の判断で全ての評価が決まります。

うーむ。

 

*************

先日、所属する部署で、新年の発表会がありました。

後輩の特許を申請する技術に、感動し、取締役も出席した年始の会

 

僭越ながら、私も参加するプロジェクトについて、説明をしました。

 

それにしても、私という人間は、発表の時になぜかいつも、時間が押しているのです

 

発表の少し前に、その会を仕切るタイムキーパーの方が近寄ってきて、

「ぽにさん、15分の発表、10分にして下さい。時間が延長しているんですよ。」

とゴニョゴニョ暗闇で提案。

 

はい、出ました。

直前での時間短縮の要求。

これ、めっちゃ多い。

いや、いいねんよ。ええんやけど、

 

何なん?いつも私、押してる時に発表やん。

たまにはゆっくり喋らせてよ。

 

いつものごとく、PowerPointを超高速で説明し、予定より大幅省略。

どうなんかな?これ、分からんやろな・・って発表しながら考えてもみたり。

皆さん、本当はもっと準備してたのよ~

ごめんなさ~い。
プレゼン終了。

何か質問は?
と言っても特になし。

取締役は、11月頃に取締役会で将来トップ集団より同じような発表を受けているため、特に質問もないのかな。

終了。

そのまま、他の方のプレゼンに移行しました。

 

会が終わり、取締役が去る前。

「〇〇くん、ぽにさん、ちょっとこっちに」

 

えっ?何ですか?

こんなん、初めて。モジモジ。。

 

「あのプロジェクトは、君たちがそれぞれリーダーだったのか」

あっ、はい。

そうですけど。

お題違いで3つのプロジェクトが立ち上がっており、その1つを私、もう1つは先輩がリーダー。

「君ら、部門の仕事と並行してこれをしていたら、大変やろ。」

 

わっわっ!!

 

「ちょっと、組織としてどうにかせないかんと思うし、考えるわ。いい動きを止めたらアカンしな。」

 

アーーザッス!!

 

昭和の野球部並みに、頭を下げるオバさんがいました。

取締役、さすがや。ただのオジィやと思ってた。ごめん。。

 

これで少しはラクになるかなぁ。

 

自分の席に帰り、同僚に取締役からの言葉を聞いてもらいます。

「良かったねぇ。それにしても、将来トップの人達って、どんなプレゼンで進捗報告したんだろうね。」

さぁー

「だって、誰が見ても明らかにぽにさんがやってるのに、認識されてなかったやん。」

まぁ、取締役会は他の案件もあって、フワーッと聞いていたのかもよ。

 

とか思ってたのですが、数日後、

部署のトップからも、

「ぽにさん、君の功績は、居抜きされてない?全部彼らに持ってかれてるで。」

へっ?居抜き?

あの、ファミレスやファーストフードが潰れた後に、お店のレイアウトはそのまま、違うオーナーが次に使うあれかい?

うっ・・

 

名ばかり店長であるだけでなく、

いつの間にか、居抜きまでされていたなんて。

ははは。

笑うしかないわ。

 

でも、これもサラリーマンの悲しい現実。

これからも、成果も技術も他の方の実績になるのでしょう。

そんなもんです。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

最後まで読んで下さり、アザーッス!!

【本ブログのお薦めエッセイ】
忘れ物が多く、迂闊な人間の末路

失敗の後の後始末。人生初の『社内根回し』に走り回ってみました。

Cランクサラリーマン達の逆襲、それを支えた上司の名言集

 

【おすすめランキング】
お気づきかもしれませんが、私は名ばかりシンプルライフブロガーです
シンプルライフ ブログランキング
なんだかんだで、もがいている方にグッときます
ワーキングマザー育児 ブログランキング

このブログが1冊の本に(2018年3月発売)

1 個のコメント

  •  ぽにさん、おはようございます。
    週末は休めそうで休めなくて、朝食後に夕飯の支度を半分ぐらい済ませて
    昼寝の時間を、確保したいさくらです。

     さてさて、今回の記事。実は、旦那のやっている事を上手く掠め取っては
    功績をあげている輩達を思い出しました。しかも、その輩達は大抵が資格も持っていない人達です。
    言っちゃあなんですが。何十年と同じことを繰り返されてます。
    影で全部やっているのは、旦那なのに・・・。
    でも、一番残ったのは、仕事で様々な部署に行き、交渉をして物事を薦めていき
    「信頼関係」だけは、強固になったようです。
     評価がされてないだけに、肝心なマネーに繋がらないのが、ある意味残念な事なんですけどねー。

     だから、ぽにさん頑張ってー。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

    ABOUTこの記事をかいた人

    10数年前の入社当時は、バリバリ系(自称)を目指してヒジ張って働いていました。 メディアに紹介され、優秀な女性として会社の重要ポストに・・と本気で考えていました。 現実は全く違い、自分の中で上々の結果だと思っても平凡な評価。現実と理想の違いに悶々とする日々。 結婚、自らの転勤、DINKSを経て、待望の子供を出産。 2回の育休を取得し、現在3歳、4歳の育児中。 約50平米、賃貸マンションを何とか快適にと模索の日々。 夫婦共に技術系総合職、 お互いの実家は遠方(完全核家族)、 バタバタの育児、 主人は早朝(繁忙期は5時)に出社、 夫婦共に遠出の出張も・・ どこまでいけるか奮闘中の共働家、ともばたけ!